HOMEAOZORA BUNKOThe Adventures of Sherlock Holmes

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズの冒険

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Adventures of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの冒険

The Adventure Of The Speckled Band まだらのひも 1

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
 ふと私の覚え書きを見ると、七〇もの不思議な事件がある。この八年間、事件を通じて友人シャーロック・ホームズの手際を考えてきた。その中には多くの悲劇と少しの喜劇があり、あとの大半は単に変わっただけのものだったが、普通というものはひとつとしてない。なぜなら、どちらかというとホームズは好きだから仕事を受けるのであり、お金を得るためではない。何の変哲もない調査は、かかわりたくないと一蹴してしまう。途方もない事件でなくてはならない。
そのような様々の事件のなかでも、これほどに奇怪きわまるものは他にないだろう。サリィ州ストーク・モランに住む、かの有名なロイロット家の話である。
くだんの事件は、ホームズと付き合い始めて間もない頃に起こり、まだ我々はベイカー街で下宿を共用していた。
もっと早くに公表してもよかったのかもしれないが、当時は口外しない約束をしており、こうして私が自由になったのは、ちょうど先日、約束を交わしていたご婦人が、時ならぬ死を迎えたためだ。
私にできることはおそらく、すべての事実を白日の下にさらすことである。それには理由がある。グリムズビ・ロイロット博士の死について風聞が広がっていることを私は知った。そして、そのいずれもが真実をおどろおどろしくねじ曲げていたからである。
 八三年の四月初め、ある朝、私が目を覚ますと、シャーロック・ホームズが身支度を調え、枕元に立っていた。
普段は遅くまで眠っている男なのに、暖炉の上の置き時計によれば、まだ七時一五分を回ったばかり。私は何ごとかと目をぱちくりさせながらホームズの方を向く。おそらく少々機嫌も悪かった。私の朝は、決まってこうなのだった。
「気の毒だが起きたまえ、ワトソン。」ホームズの声だ。「今朝はみな同じ具合なのだ。
ハドソンさんが戸の音でたたき起こされ、僕のところへやってくる。そして僕は君のところへ。」
「何かね、まさか――火事か?」
「いや、依頼人だ。年の若いご婦人が興奮気味に来られたらしく、僕に面会したい、と。
居間で待ってもらっている。
どうだね、若いご婦人がこんな朝早く都会をほっつき歩いて、眠り込んでいる他人をたたき起こすとなれば、よくよく差し迫った事情があると考えねばならぬ。
万一これが本当に面白い事件だとすれば、君はきっと、はじめからかかわりたがる。
いずれにせよ、声をかけるだけかけて、君に決めてもらわねば。」
「心の友よ、どんな事件も逃すものか。」
 私にとって、ホームズの調査に立ち会うことほど、深い楽しみを感じるものはなかった。あの迅速な推理に驚くのもよい。早すぎて当てずっぽうにも思えるが、その実いつも論拠があり、結果、持ち込まれた問題を解き明かしてしまう。
私は大急ぎで服をつけ、それから二、三分ののちには我が友と一緒に居間へ入った。
と、黒い服に身を包み、顔には厚い面紗をかけた一人の夫人が、窓際の椅子から立ち上がった。
「おはようございます。」ホームズは朗らかに挨拶した。
「僕がシャーロック・ホームズです。
こちらは私の友人で助手のワトソン博士。僕同様に、何をお話になっても結構です。
おっと、ハドソンさんが気を利かせて暖炉に火をつけてくれたようですね。
どうぞ火の方へ。熱いコーヒーはいかがですか? ふるえていらっしゃる。」
「寒くてふるえているのではございません。」と女性は言われるままに椅子を寄せながら、低い声で言った。
「ほう。すると?」
「こわいんです、ホームズさん。おそろしくて。」
と言って、依頼人は面紗をあげたが、なるほど気の毒なほどに動揺しきっていた。顔はやつれて血の気がなく、目はおよぐばかりで、狙われた獲物のようだ。
顔つきや体つきから見れば、まだ三十そこそこの女性だというのに、頭には早くも白いものがまじり、憔悴が顔から見てとれる。
シャーロック・ホームズは、ひと目依頼人に目を向けただけで、すべてがわかったようだった。
「ご安心を。」ホームズはやさしく言葉をかけて身を乗り出し、依頼人の腕に手を置いた。
「僕らがすぐ解決して差し上げます、ですから。
今朝の汽車でお着きになった、のですね?」
「申しましたかしら?」
「いえ、ただ左の手袋のあいだに復路の切符が見えましたので。
朝早くご出立になり、二輪馬車にお乗りになって、ぬかるんだ道を通り、駅までいらっしゃった。」
 依頼人ははっとして、我が友人を不思議という目で見つめた。
「不思議なことではありません。」とホームズはほほえむ。
「上着の左袖に七つも泥の跳ねがございます。
しかもまだついたばかりの。
そういうところへ泥を揚げる乗り物と言えば二輪馬車だけで、なお御者の左側に腰を下ろした場合に限られます。」
「説明はわかりませんが、おっしゃる通りです。
わたくしは今朝六時に家を出まして、二〇分にレザヘッド駅へ着き、それからウォータルー行きの始発に乗ってまいりました。
わたくしは、わたくしはもうこれ以上耐えられません。このままではおかしくなりそうです。
頼れる人がおりません……誰も。ただひとり、心配してくれる者もありますが、あいにく、力になれないのです。
そこでホームズさんのことを思い出して。ファリントッシュさんからうかがって、助けていただいたことがあると。
この住所を教えていただいたんです。
どうかわたくしをお助けください。いえ、せめて、今わたくしを取り巻いている深い闇に、少しの光を……。
今のわたくしではお礼も十分には致しかねますが、あとひと月ふた月のあいだに結婚して、お金を自由にできるようになりますので、そうすれば相応のお礼もできるかと思います。」
 ホームズは自分の机のところへ行き、錠を外して、取り出した小さな事件簿をめくった。
「ファリントッシュ……そうか、思い出した。オパールの髪飾りか。
知り合う前の事件だ、ワトソン。
断言致します、このホームズ喜んで、ご友人のときと同じくあなたにも最大限の助力を致します。
お礼のことですが、事件そのものが既に報酬です。支払う金額はお任せ致しますし、都合のよいときで。
僕がお願いするのは、すべてをお話ください、とだけ。どんなことでも、事件を考えるのに役立ちますので。」
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Yu Okubo
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿