HOMEAOZORA BUNKOThe Adventures of Sherlock Holmes

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズの冒険

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Adventures of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの冒険

The Adventure Of The Speckled Band まだらのひも 6

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
 シャーロック・ホームズが外から帰ってきたのは、一時頃だった。
手に水色の紙を持っていて、数字や抜き書きがいっぱいに書き込まれていた。
「亡くなった細君の遺言状を見てきた。
正確な内容を考えるために、関係する投下資本の現在価格を計算しなくてはならなかった。
細君の死んだ当時、年収で一一〇〇ポンド弱もあったものが、今は農産物の価格下落で、せいぜい七五〇ポンドというところ。
そして娘が結婚すると、ひとりにつき年収二五〇ポンドずつ受け取れるようになってある。
それゆえに、もしふたりの娘が嫁いでしまえば、うま味が少しだけになってしまうわけだ。ひとりだけでも深刻なほどに損なわれる。
今朝の仕事は無駄ではなかった。このようなことをしでかす最も有力な動機があると証明された。
さあ、ワトソン、じっとしている場合ではない。とりわけあの老人は僕等が事の邪魔になると分かっている。準備次第、辻馬車を呼んでウォータルー駅へ急ごう。
リヴォルヴァを懐に忍ばせてくれるとありがたい。
エリィNO.2なら、鉄の火掻き棒を折る紳士にもうまく対抗できる。
それと歯ブラシ、それだけで足りるだろう。」
 ウォータルー駅で運よくレザヘッド駅行きの汽車を捕まえ、そこから駅付きの宿屋で軽馬車を頼み、美しいサリィ州の田舎道を四、五マイルほど揺られていった。
申し分のない天気で、日はうららか、空にはふわふわした雲。
沿道の木々にも生け垣にも新緑の若葉が芽生え、空気は湿った土の香りを含んでいた。
春のさわやかな希望と、我々の取り組む重い使命とのあいだに、私は妙な対比を感じずにいられなかった。
我が友人は馬車の前席で腕組みをして、帽子を深くかぶり、あごを胸につけて、深い考えに沈んでいた。
ところがふと身を起こすと、私の肩を叩き、牧場の彼方を指さした。
「あれを見たまえ。」
 立木の多い庭園が緩やかな丘に沿って広がり、頂上は深い緑に覆われた森になっていた。
その木々の間から、古屋敷の灰色の破風と高い屋根がのぞいていた。
「ストーク・モランか?」とホームズが訊ねると、
「そうでごぜえます。グリムズビ・ロイロット博士のお屋敷でがす。」と、御者が答えた。
「そこで普請をやっているとか。」とホームズ。「そこが行き先だ。」
「あすこが村で。」御者は左手奥の集落を指さした。「けども、お屋敷に行きなさるなら、そこの石段を上がって、畑の小道を行かっしゃるのが近道ですぜ。
ほんら、あの娘っ子も歩いておりましょうがな。」
「その娘っ子、どうやらストーナさんだ。」ホームズは小手をかざして眺める。
「結構。君の言うままが賢明のようだ。」
 我々は馬車を降り、代金を払うと、馬車はレザヘッドの方へがたごとと引き返していった。
「この方がいい。」踏み越し段を上りながらホームズが言う。「建築技師やら、用事のある人間が来たのだと思うに相違ない。
角も立たぬ。
ごきげんよう、ストーナさん。
お約束通り参りました。」
 今朝の依頼人は駆け寄って挨拶した。顔にうれしさがにじみ出ている。
「たいへんお待ち申し上げました。」声を張り上げ、熱烈に握手をする。
「ロイロット博士もロンドンへ出ましたから、夕方までめったに帰ってきません。」
「先生とは、もうお近づきの光栄をいただきました。」とホームズは言い、起こった事を手短に説明した。
ストーナ嬢は終わりまで聞かぬうちに唇まで真っ青になった。
「なんということでしょう! あとをつけられたのですね。」
「そのようで。」
「先読みされて、いつも籠の中の鳥。
帰ってきたら、何と言われるか。」
「だが用心すべきは向こうの方です。もっと先を読む人間が自分を追っているのですから。
とにかく今夜、鍵を閉めて彼を近づけぬこと。
狼藉を働くようなら、ハロウの叔母さんのところまで送って差し上げます。
さて、できるだけ時間を有効に使いましょう。見ておくべき部屋の方へご案内をお願いします。」
 建物は、苔むした石造りで、地は灰色、中央部が一段と高くなっており、それから左右へ棟がそれぞれ翼状にのびていた。
一方は窓の破れたところに板が打ち付けてあったり、屋根がへこんでいたりして、廃墟の体であった。
中央部も手入れ不足であった。ただ右側の棟だけは、割合に新しく、窓に日よけもあれば、煙突からは青い煙がゆらゆら上っており、住居区であることが見て取れた。
右側の棟の外れに足場がくんであり、石の壁が崩れていたが、我々が訪れたとき、職人の姿はどこにも見えなかった。
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Yu Okubo
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。