HOMEVOA Special EnglishEDGAR ALLAN POE: STORYTELLER.

ホームVOAスペシャルイングリッシュエドガー・アラン・ポー物語シリーズ

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Cask of Amontillado(2) アモンティラードーの樽


The Cask of Amontillado アモンティラードーの樽
EDGAR ALLAN POE: STORYTELLER. エドガー・アラン・ポー物語シリーズ
「さあ、フォーチュナートーくん、
この上等のメドックを少しやってみたまえ。
これを飲むとからだが温まるよ。さあ、飲んでみたまえ」
「いや、こりゃどうも、すまないな。
我々の回りに眠っている、死者のめい福を祈って一杯いただくことにしよう」
「じゃあ、フォーチュナートーくん、ぼくはきみの長寿を祈って一杯やるよ」
「ああ、このワインはなかなかいけるね。
でも、アモンティラードーはどうなったのかね」
「もっと奥のほうにあるんだ。さあ、行こうじゃないか」
私たちは先のほうへ歩いていった。
やがて、河床の下の辺りまで来ると、上のほうから水滴がぽたりぽたりと私たちの上に落ちてきた。
さらに多くの骸骨を見やりながら、私たちはさらに地下深く降りていった。
「きみのところは地下室がたくさんあって、しかも大きいんだね。
行けども、行けども果てがないみたいだ」
「ぼくたちは大家族だし、何と言っても古い家柄だからね。
もうここまでくれば、この先はいくらもないよ。
でも、きみは寒さで震えているようだね。さあ、手遅れにならないうちに引き返そう」
「いや、何でもないさ。
さあ、先へ進もうじゃないか。
でも、まずこのメドックをもう一杯いただいてからにしよう」
私は、骸骨の間からボトルをもう一本取り上げた。
今度のワインは、ド・グラーブという上質のワインだった。
私はまたボトルの飲み口を割った。
フォーチュナートーはこれを手に取ると、息もつかさずに一気に飲み干した。
彼は笑い声を上げながら、からのボトルを肩越しに投げ捨てた。
私たちは、さらに地中深く先へ進んだ。
とうとう、空気があまりにも古くよどんでいるために、私たちのたいまつが今にも消えてしまいそうになる地下室までやってきた。
三方の壁には、骸骨が私たちの背よりも高く積み上げてあった。
もう一つの壁からは、だれかが骨を全部取りおろしておいたので、私たちの回りの地面には、辺り一面に骨が散らばっていた。
この壁のまん中には、もう一つの地下室へ通じる口が開いていたが、これは地下室というほどのものではなく、幅3フィート、高さ6~7フィートで、奥行きはたぶん4フィートぐらいのものだった。
それはむしろ壁に開けた穴といった程度のものであった。
「ぐずぐずしないで」私は言った。
「中へ入りたまえ。アモンティラードーはその中にあるんだ」
フォーチュナートーはおずおずとしながらも、さらに先へと進んだ。
私はすぐあとに続いた。
当然のことながら、彼はすぐさま奥の壁に行き当たった。
虚をつかれた彼は、驚いて一瞬その場に、壁に向かって立ち止まった。
その壁には2つの重たい鉄の輪が取り付けてあった。
一方の輪には短い鎖がぶらさがっていて、もう一方には錠がついていた。
フォーチュナートーが気づく前に、私は錠をかけて彼をしっかりと壁につなぎ止めた。
私はあとずさりして言った。
「フォーチュナートーくん。
壁に手を当ててみたまえ。
壁を伝ってくる水がわかるはずだよ。
もう一度うかがいたいんだがね。引き返してはどうかね。
なに、いやだって言うのかい。じゃあ、ぼくはきみを置いていくよりしかたがないね。
でも、その前に、きみのためにぼくにできることがあれば、何でもしてあげるよ」
「いや、ところでアモンティラードーはどうなっているのかね」
「ああ、そうそう、アモンティラードーだったね」
こう言いながら、私は骸骨の中を捜し始めた。
骨を片方に投げ捨てると、前もって壁から取りはずしておいた石が見つかった。
私は素早く壁を元どおりに積み上げ始めた。こうして、フォーチュナートーが震えながら立っている穴をふさいでしまったのである。
「モントレゾールくん、一体何をしているんだい」
私は作業を続けた。
彼が鎖を引っ張って、激しく振っているのが聞こえた。
しかし、あと数個の石を積めば、全部の石が元の位置にもどるところまでいっていたのである。
「モントレゾールくん、はっはあ、こりゃなかなか愉快な冗談だね。
何度も、このことで笑おうじゃないか。はっはっはあ。2人で楽しくワインを飲みながら、はっはっはっはあ」
「そうだとも、2人でアモンティラードーをやりながらね」
「それにしても、もうだいぶ遅いんじゃないかな。
そろそろ引っ返したほうがいいんじゃないかね。
みんながぼくたちの帰りを待っているだろうよ。
さあ、引き揚げよう」
「そうだね、じゃ、行こう」
こう言いながら、私は最後の石を地面から持ち上げた。
「モントレゾールくん、後生だから、許してくれよ」
「うん、後生一生のお願いなんだよ」
もう返答は聞こえなかった。
「フォーチュナートーくん」私は声を張り上げた。
「フォーチュナートーくん」
恐怖のうめき声のような低い音が、かすかに聞こえただけだった。
私は気持ちが悪くなった。きっと冷気のせいだったのだろう。
私は大急ぎで最後の石を元の位置に押し込んだ。
そして、古い骸骨を元のように積み上げて壁をふさいだ。
以来半世紀になるが、まだだれひとりとしてこの骸骨に手を触れた者はいないのである。
彼の眠りの安らかならんことを!
お送りしたのは、エドガー・アラン・ポオの小説『アモンティラードーの樽』でした。
この物語は「やさしい英語」で書いたものをリチャード・バウアーが朗読したものです。
フォーチュナートーのせりふを読んだのは、ロバート・プロスキーです。
制作者はフィリップ・ターナーでした。
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿