HOMEVOA Special EnglishAMERICAN SHORT STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュアメリカ作家短編集

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-8 Keesh(2) キーシュ


Episode-8 Keesh (Jack London) キーシュ (ジャック・ロンドン)
AMERICAN SHORT STORIES
ある日,ア一・グルックがキーシュに言いました.
「おまえは,悪魔を使って狩猟をしているっていうじゃないか.悪魔に手伝ってもらって,くまを殺してるってうわさだよ」
「肉がおいしくありませんか」
キーシュは答えました.
「この村で,だれかぼくの肉を食べて,病気になった人がいるとでもいうのですか.
ぼくに悪魔がのり移っているなんてことが,どうしてわかるんですか.
それとも,ぼくが腕のいいハンターだから,そうおっしゃるんですか」
ア一・グルックにはなんとも答えようがありませんでした.
夜遅くまで会議が続けられ,キーシュと肉のことが話し合われました.
会議ではキーシュの行動をこっそり探ることに決まりました.
次にキーシュが狩猟に出かける時に,ビムとバウンという2人の若いハンターが尾行しました.
5日たって彼らが帰ってくると,
2人の報告を聞くために会議が開かれました.
「同胞のみなさん」ビムは言いました.「我々はキーシュのあとをつけましたが,キーシュは我々のことに気づきませんでした.
1日目に彼は大きなくまに出会いました.
キーシュはそのくまに向かって大声で叫びました.
くまは彼を見ると腹を立てました.
くまは後ろ足で立ち上がってうなりましたが,キーシュはくまのところまで歩み寄ったんです」
「ぼくたちは,この目で見てきたんです」もう一人のハンターのバウンが言いました.
「くまは,キーシュめがけて走り出したんです.
キーシュは逃げましたが,彼は逃げながら氷の上に小さな丸い玉を落としたんです.
くまは立ち止まって,その玉をかいでみてから食べたんです.
キーシュはさらに多くの玉を氷の上に落としながら,走りつづけました.
くまは追っかけながら,その玉を食べるんです」
会議に出席した連中は,一言も聞きもらすまいと耳を傾けました.
ビムが話の先を続けます.
「そのくまが突然まっすぐに立って,痛みを訴えて悲鳴をあげ始めたんです.
くまはうなりながら,上下にぴょんぴょん跳びました.
ぼくはこんな光景を見たのは初めてです」
「悪魔がついてるんだ」とアー・グルックが言いました.
「ぼくにはわかりません」バウンは言いました.
「ぼくは,ただこの目で見たとおりのことを話してるんです.
くまは弱っていきました.
くまは頭を左右に振らせながら,岸に治って歩いていましたが,やがて座り込んで,鋭いかぎづめで自分の毛皮を引っ張るんです.
キーシュは,その日,一日中じっとくまを見守っていました.
それから,もう3日間キーシュはくまの見張りを続けたんです.
くまはだんだん弱っていきました.
キーシュは用心深くくまのところまで近寄って,父親のやりをくまに差し込んだのです」
「それで,どうした?」
クロシュ・クワンがたずねました.
「それから,ぼくたちはそこを離れたんです」
その日の午後,議会は十分時間をかけて話し合いました.
キーシユが村に帰ってくると,議会は使いを送って,キーシュに会議に出てくれるようにと頼みました.
しかしキーシュは,自分はおなかがすいていて疲れている,と言いました.
彼は議会が集会を開きたいのなら,自分のイグルーは大きくて大勢の人が入ることができる,と言いました.
クロシュ・クワンは,議員を引き連れてキーシュのイグルーへやってきました.
キーシュは食事中でしたが,喜んで一同を迎えました.
クロシュ・クワンはキーシュに,2人のハンターがキーシュがくまを殺すところを見たことを告げました.
それから,彼はキーシュに向かってまじめな声で言いました.「我々はおまえがどうしてやったのか,その方法を知りたいと思っているんだ.
奇術や魔法を使ったのかね」
キーシュは顔を上げて,にっこり笑いました.
「いいえ,クロシュ・クワン.ぼくは子どもです.奇術や魔法のことは何も知りません.
ただぼくは,北極ぐまの簡単な殺し方を見つけただけなんです.
知恵なんです.魔法なんかじゃありません」
「するとだれにでもできるのかね」
「ええ,だれにだってできるんです」
長い沈黙が続きました.
男たちは互いに顔を見合わせ,キーシュは食事をしています.
「で,我々に教えてくれるのかね,キーシュ?」
クロシュ・クワンが声を震わせながらたずねました.
「教えてあげましょう.
とても簡単なんですよ.よく見ておいてください」
キーシュは,細いくじらのひげを1本拾い上げました.
両端はナイフのように鋭くとがらせてあります.
キーシュはこのひげを曲げて輪を作りました.
急にこのひげを離すと,ぴしっという鋭い音を立てて,まっ、すぐになりました.
彼はあざらしの肉を1切れ取り上げました.
「さて」彼は言いました.「まず,細いよくとがらせたくじらのひげで輪を作ります.
そして,このひげの輪をあざらしの肉の中へ入れるんです.
それから雪の中に入れて凍らせてください.
くまがこのひげの輪の入った肉の玉を食べるんです.
肉がくまの体内に入ると,肉が溶けて,ひげがぴしっとはねるんです.
とんがった先のためにくまが苦しみます.
だから,殺すのはなんでもないんです.
簡単なことなんです」
アー・グルックが言いました.「おお!」
そしてクロシュ・クワンは言いました.「なるほどねえ!」
そして,みんなはそれぞれの言い方をしましたが,みんななるほどとわかったのでした.
これが昔,北極海の海沿いに住んでいたキーシュの物語です.
彼は魔法の代わりに知恵を使いましたので,一番貧しいイグルーの子どもから,村のしゅう長になったのです.
そしてその後は,村人は幸せに暮らすことができました.
飢えのために夜泣く人はだれもいなくなったのです.
『キーシュの物語』をお送りしました.
原作者はジャック・ロンドンです.
「アメリカの声」では来週も同じ時間に,特別英語によるアメリカの短編小説をお送りします.
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿