HOMEAOZORA BUNKOThe Adventures of Sherlock Holmes

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズの冒険

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Adventures of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの冒険

A Case Of Identity 花婿失踪事件 2

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
「ホームズ先生、わたくしのことをすでにご存じで?」と声を張り上げ、「でなければいったいどうやって……」
「お気になさらず。」とホームズは笑いながら、「物事を知っているのが僕の仕事、
他人の見落とすところがわかるよう心掛けている、といったところで。
でなければ、どうしてあなたがこちらへご相談へお越しに。」
「は、はい、こちらへ参りましたのは、先生のことをエサリッジの奥さまよりうかがいまして。あの方のご主人をやすやすとお見つけとか。警察も亡くなられたものとしていらしたのに。
ええ、ホームズ先生、なにとぞわたくしにもお力添えを。
裕福ではありませんが実入りも年に百ドルありますし、それにタイプ打ちも少しの足しには。これをみな先生に差し上げます、ホズマ・エインジェルの行方がわかるのなら。」
「お越しの際、どうしてあれほどお急ぎに?」と訊ねながら、ホームズは指先を突き合わせ、目を天井に。
 またもや驚きの表情が、メアリ・サザランド嬢のいくぶん変化の乏しい顔に現れる。
「そうですの、わたくし、うちを飛び出してきました。ほんとに腹が立って、あんなにのんきにして、ウィンディバンクさん――あっ、わたくしの父で――まったくもう、
警察には行きたくない、こちらへもうかがいたくない、それで結局何もしないのに、何も事件なんて起こってないのだから、ってばかり言って。それでわたくし、気が気でなくなって。取るものもとりあえず、まっすぐこちらへ。」
「お父上、」とホームズ。「義理の、ですね。名前が違います。」
「ええ、義父ですの。
父と言うのもおかしいくらいで、わたくしと五年と二ヶ月年上なだけなんですの。」
「お母上はご壮健で?」
「ええ、もう元気で丈夫で。
でも心から喜んで、とも言えない事情がありまして、ホームズ先生、その母が父の死後すぐ再婚しまして。それも本人より一五も年若い男とだなんて。
父はトテナム・コート通りの配管業で、そのあと結構な店が残ったのですが、母は現場頭のハーディさんと続けておりました。ところがウィンディバンクさんがやってくると、その店を母に売らせてしまって。自分はものすごい、ワインの外商をしているとかで。
店は暖簾と上がりで四七〇〇ポンドになりましたが、父が生きていたらこんなはした額で売るなんてけっして。」
 私の予想では、シャーロック・ホームズはこの締まりのないこんがらがった話にいらだっているはずだったのだが、反対にできるだけ気を集中させて聞いているのだった。
「ご自身のささやかな収入とは、その店が元で?」
「いいえ先生、まったく別物で、オークランドにいる伯父のネッドが遺産でわたくしにと。
ニュージーランドの株で、配当が四分五厘、
額面は二五〇〇ポンドなのですが、わたくしは利回りにしか手を付けられません。」
「極めて興味深いお方だ。」とホームズ。
「では、年百ほどの大金が入り、加えてご自身の稼ぎもあるなら、少しばかりご旅行や色々と余裕もおありのことでしょう。
独り身の女性ならきっと六〇ポンドほどの収入でかなり結構やっていけますから。」
「わたくしなら、もっと少なくっても。先生、ですがうちにいるとはいえ脛《すね》をかじりたくございませんから、お金の扱いについては、一緒にいるあいだだけは預けております。
もちろんほんの当分のことですわ。
ウィンディバンクさんはその利回りからいつも四分の一引き出して、そのまま母に渡しておりまして、わたくし自身は、自分がタイプ打ちで稼いだ分でちゃんとうまくやってゆけますから。
一枚二ペンスいただけて、日に一五から二〇枚はだいたい。」
「現在のお立場はよくわかりました。」とホームズ。
「こちらは友人のワトソン博士、彼の前では僕同様、気兼ねなくお話を。
さて次のご質問ですが、できればそのホズマ・エインジェルさんとあなたとのご関係を。」
 紅いものがさっとサザランド嬢の顔によぎり、上着の裾を気遣わしげにつまんで、
「出会いはガス工組合の舞踏会の折でした。」と話し出す。
「組合は父が存命中よく招待状を送ってくださいまして、その後も忘れずに母とわたくしへと。
けれどもウィンディバンクさんはわたくしどもが行くのを承知せず、
それどころか外出すらよく思っていなかったのです。
たとえば日曜学校学校の催しなどに行きたがろうものなら、もう気も狂わんばかりで、
ですがわたくし、今度ばかりは行く、ぜひ行くって。別にあの人に留め立てする権利はございません。
知り合う値打ちのない奴らばかりだと言いますが、父のご友人の方々もいるはずなんですから。
お前には着る服もないだろうと言われましたので、今まで箪笥にしまい込んでいた紫のフラシ天を出してやりましたわ。
とうとう何も言うことがなくなって、あの人も所用でフランスへ出払ったものですから、母とわたくしと、現場頭でしたハーディさんとで参りました。そこでホズマ・エインジェルさんに会いましたの。」
 するとホームズは、「では、そのウィンディバンクさんがフランスから帰ってくると、あなたが舞踏会へ出たので大いにご不満だったでしょう。」
「いいえ、それがずいぶん嬉しそうで。
確か笑って肩をそびやかして。女ってやつはダメだと言ってもしようのない、思うようにやってしまうのだから、って言いましたの。」
「なるほど。そのときガス組合の舞踏会でお会いになった紳士の名は、ホズマ・エインジェルで間違いありませんね。」
「ええ、先生。その夜に出会って、次の日には、無事でお帰りですかと、うちを訪ねておいでで。そのあとも会いまして――つまりホームズ先生、二度散歩をご一緒しまして、そのあと父が戻ってきまして、ホズマ・エインジェルさんは以後うちには来られなくなりました。」
「一度も?」
「そうですの、ほら父はこんなこと大嫌いでございますから、
できることなら客を入れたくないという主義で、口癖のように、女というものは自分の家庭の輪にいるのが幸せだと。
とは言いましても、母にも申し上げましたが、女はそもそも自分の輪が欲しいものなのに、わたくしには自分のものがないんですもの。」
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Asatori Kato, Yu Okubo
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。