HOMEVOA Special EnglishEDGAR ALLAN POE: STORYTELLER.

ホームVOAスペシャルイングリッシュエドガー・アラン・ポー物語シリーズ

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Tell-Tale Heart(2) おしゃべりな心臓


The Tell-Tale Heart おしゃべりな心臓
EDGAR ALLAN POE: STORYTELLER. エドガー・アラン・ポー物語シリーズ
私が襲いかかると、老人は恐怖の大声を上げ、ベッドカバーをしっかりとひっかぶりました。
彼の心臓はまだ鼓動していましたが、私は、さあ、これでうまくいきそうだぞと思ったので、笑みを浮かべました。
彼の心臓は何分もの間、鼓動を続けていましたが、やがて鼓動も止まりました。
老人は死んだのです。
私はベッドカバーをはがして、彼の心臓の上に耳を当ててみました。
何の音も聞こえません。
そう、彼は死んだのです。
石のように死んでしまっていたのです。
これで、もう彼の目つきに悩まされることもなくなるでしょう。
ところで、あなたはまだ私が狂っているとおっしゃるのですか。
私が死体をどんなに注意深く隠したか、ぜひ見ていただきたかったと思うんです。
私はまず首を切り落とし、それから腕を、そして足を切り取りました。
床の上に一滴の血も落とさないよう、気を配りました。
床板を3枚はずして、そこへバラバラの死体を入れたのです。
それから、だれが見ても動かしたことに気づかないよう、床板を注意深く元の位置にもどしました。
仕事が片づいたころ、ドアのところに人の気配がするのが聞こえました。
もう明け方の4時というのに、まだ暗かったのです。
私はドアを開けに行きましたが、別に恐れることはないと思っていました。
戸口にいた3人の男は警察官でした。
隣人のだれかが老人の叫び声を聞いて、警察に連絡したのです。この3人の男たちは、事情聴取と家宅捜索のためにやってきたというわけです。
私は警官たちを招じ入れました。
あの叫び声は私が夢にうなされて発したものであることを説明しました。
老人は今田舎の友だちのところへ行っていて留守です、と私は言いました。
私は気のすむまでよくお捜しくださいと言いながら、警官たちを家の中のすみからすみまで案内しました。
そして、最後に老人の寝室へ案内したのです。
私は、彼らをからかうかのように、腰をおろしてしばらく話をしていらっしゃいませんか、と勧めたりしました。
警官たちは、私のくつろいだ静かな物腰にすっかり惑わされて、私の言うことを真に受けたのです。
だから、彼らは腰をおろして、私と親しげにおしゃべりをしました。
ところが、私も同じく親しげに応対してはいたものの、まもなく、早く帰ってくれればいいな、と思うようになりました。
私は頭痛がして、耳の底に奇妙な物音が聞こえてきたのです。
私はそれまでよりも口数が多く早口でしゃべるようになりました。
奇妙な物音が、よりはっきりと聞こえてきたのです。
それなのに、彼らは相変わらず腰をおろしたまま、おしゃべりを続けました。
ふと気がつくと、この音は耳の底で聞こえていたのではなかった。頭の中で聞こえていたのではなかったのです。
その瞬間、私の顔色はまっ青になったにちがいありません。
私はますます早口で、声を張り上げて話しつづけました。
音のほうも大きくなりました。
それは速くて低い静かな音で、ちょうど壁越しに聞こえてくる時計の音のようでしたが、私にはなじみの深い音でした。
音はますます大きくなっていきます。
どうして彼らは帰らないのだろう。
音は大きくなるばかりです。
私は立ち上がって、早足で部屋を歩き回りました。
私は音を立ててあの恐ろしい音をかき消そうとして、床の上でいすを押し動かしたのです。
ますます大声で話しかけました。
それでも、男たちはほほえみながら腰をおろしたままおしゃべりを続けるのです。
この音が聞こえないなどとは、到底考えられません。
いや、彼らにも聞こえていたのです。
私はそうにちがいないと思いました。
彼らは知っていたのです。
今度は、彼らのほうが私をからかっていたわけです。
彼らのほほえみとあの音が、私には耐えられないほどになってきました。
音はますます大きくなるばかりです。
突然、私はこの音にがまんできなくなったのです。
私は床板を指さして叫びました。「そうですとも、私が彼を殺したのです。
床板を上げれば、おわかりになるでしょう。
私が彼を殺したのです。
それにしても、彼の心臓の鼓動はどうして止まらないのでしょう。
なぜ止まらないのでしょう」
お送りしたのは、エドガー・アラン・ポオの小説『おしゃべりな心臓』でした。
この物語は、「やさしい英語」で書いたものを、リチャード・バウアーが朗読したものです。
制作者はフィリップ・ターナーでした。
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿