HOMEVOA Special EnglishAMERICAN SHORT STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュアメリカ作家短編集

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-11 Balser and the Fire Bear- Part Two(1)


Episode-11 Balser and the Fire Bear- Part Two (Charles Major) パルサーと火吹きぐま(チャールズ・メージャー)
AMERICAN SHORT STORIES
特別英語によるアメリカの短編小説の時間です.
きょうは,この前の『パルサーと火吹きぐま』の続きをお送りします.
ついに,年若いパルサーが火吹きぐまを捜しに出かける時がやってきました.
パルサーは,もうこの危険な動物といつ出会っても平気だと思うようになりました.
彼は友人のポールを連れていきました.2人は,まずくまの足跡を捜しにかかります.
2人の少年は,初めてこの恐ろしい生き物が暗夜に光を放っているのを見かけたブルー川のほうへ歩いていきました.
くまは深い雪の中にくっきりと足跡を残してくれていますので,跡をたどるのは簡単です.
川に沿って少し行ったところで,パルサーとポールは,くまが氷の上を渡った個所を見つけることができました.
2人はどこまでもその足跡をたどっていき,とうとうブラック・ガリー(小峡谷)というところまでやってきました.
そこは,奇妙な形をした木々や深いほら穴が幾つかあって,とても恐ろしいところです.
彼らは,もう火吹きぐまの住みかを見つけていたのです-ブラック・ガリーがそれです.
「パルサー,いつあのくまを狩れると思う?」
「すぐさ」パルサーは言いました.
「すぐだとも」
「うん,そりゃ,すぐのほうがいいけどね」ポールは言いました.
「覚えてるだろう,あのくまのやつを見てから3か月以上生きていた人は,だれひとりいないんだぜ」
ポールとパルサーが家に着いたのは,もう日が暮れてからだいぶたってからのことです.
少年たちは,くま狩りの手順を決めました.
リンピー・フォックスも行くことになりました.
彼らは斧(おの)を研ぎすまし,新しい弾丸を作りました.
やがて,くまを見た日から8日目に,少年たちはブラック・ガリーへ向かって出発しました.
少年たちはめいめい馬に乗って,3日分の食料を運びました.
一同がブラック・ガリーに近づいたころ,雨が降っていました.
太陽は沈んでしまっていて,雨が岩の上で凍っていました.
少年たちははら穴の中に馬をつなぐと,さてどうしたものだろうと相談を始めました.その晩は家へもどったほうがいいか,それとも朝までそこにいるか,といった相談です.
ポールは,どのくまだって雨の夜には自分のほら穴にいるはずだ,と考えました.
パルサーが同意しましたので,みんなは家へもどろうとして立ち上がりました.
ところが,ちょうどその時,彼らの耳に恐ろしい音が聞こえました.
その昔は,ほら穴の入口のほうから聞こえてくるようでした.
「やつだ」ポーリーが大声で言いました.
「あの音に覚えがあるんだ.
どこにいてもあの音はわかるんだ.さあ,パルサー,帰ろうよ」
「ポール,一体どうしたっていうんだ.
馬をつなぐんだ!
もしあのくまに逃げられたら,二度と会えないかもしれないじゃないか.
さあ,行こう!」
ポールがたいまつをつけると,
少年たちは銃を取ってほら穴の外へ駆け出していきました.
いくらも行かないうちに,あのくまがやみの中で赤い光のように輝いている姿が,少年たちの目に入りました.
火吹きぐまは川に沿ってブラック・ガリーのほうへ駆けてくるではありませんか.
パルサーとリンピーは,くまに向かって叫びました.
彼らの叫び声が耳に入ると,くまは立ち止まりました.
少年たちは銃を構えて,ゆっくりと歩き始めました.
火吹きぐまは,辺り一面をあかあかと照らしながら立っていました.
くままであと20メートルのところで,パルサーは立ち止まりました.
「ぼくが一番に撃とう」彼は言いました.
「きみたちは,ぼくが撃ってから撃つんだ.しかし,合図をするまでは撃っちゃいけないぞ.
ポール,ぼくが銃でよくねらえるように,たいまつを高くかかげてくれ」
パルサーは,慎重にねらいを定めて撃ちました.
弾はくまの肩に当たりました.
くまは怒ってうなり声を上げ,傷口をかみました.
ポールもリンピーも撃ちましたが,どちらも全くの外れでした.
2発目を撃つまでにくまが襲いかかってきました.
最初に,大きな前足でパルサーに一撃を加えました.
パルサーが倒れると,くまは彼の上に立ちはだかって,パルサーの首がどの辺りかと捜し始めたのです.
パルサーは倒れる時に,地面の上にあった木の棒切れに手が触れました.
彼はその棒をつかんで,くまが彼の首をかもうとしてすり寄ってきた時を見計らって,その棒を立てました.
棒はくまの口の奥へ入りました.
棒が口の中にささったものですから,くまは口を開けることも閉じることもできません.
そこへ,リンピー・フォックスが斧を持ってやってきました.
彼はくまの顔に切りつけました.
くまはパルサーを離れてリンピーを襲いました.
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。