HOMEVOA Special EnglishAMERICAN SHORT STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュアメリカ作家短編集

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-7 The Law of Life(2) 生命の掟


Episode-7 The Law of Life (Jack London) 生命の掟 (ジャック・ロンドン)
AMERICAN SHORT STORIES
彼は頭をうなだれて,息子が馬に乗って去っていくのを見送りながら,雪の音に耳を傾けていました,
彼は自分の横に置いてあった薪を,もう一度手で探ってみました.
火が1本また1本と薪を食い尽くしていくにつれて,彼の死は刻々と迫っているのです.
最後の1本の薪が燃え尽きると,彼は寒気に襲われるでしょう.
まず彼の両足が凍え,ついで両手が凍えるでしょう.
寒さが徐々にからだの外部から内部へ浸透していき,彼は眠りにつくでしょう.
彼にとってはなんでもないことなんです.だれでも1度は死ななくてはいけないのですから.
彼は悲しみのわからない人間ではなかったのですが,自分の悲しみのことは考えないことにしていたのです.
これが人生というものなんだ.
大地とともに生きた彼にしてみれば,この掟は,今始まったものではなかったのです.
それは,生きとし生けるものに与えられた掟なのです.
大自然は人間に対して厚意を持っているわけではありませんし,
ひとりぼっちの人間のことなんか考えてもくれませんでした.
大自然が関心を持つのは,部族とか種族とか人類といったものに限られていたのです.
年老いたコスクーシユにしては,ずいぶんむずかしいことを考えたものですが,彼の頭は半分文明の影響を受けていましたので,こういうことはわかっていたのです.
彼は生まれてこのかた,ずっとこういった例を見てきたのです.
早春の樹液,肌のように柔らかで生き生きとした新緑の葉,黄色くひからびた葉っぱの落葉-歴史はすべて,こういったことの繰り返しにすぎなかったのです.
彼は火にもう1本薪をくべると,自分の生涯(がい)を回想し始めました.
彼もかつては偉大なしゅう長だったのです.
彼は以前には,食べ物が余って腐るにまかせていたような時代-食糧が豊かで,笑い声が至る所で聞かれ,みんながたらふく食べることのできた時代-を経験したこともありました.動物を殺さなくてもよかった時代一女たちがたくさん子どもを生んだ時代だったのです.
彼はまた,食糧がなくてすき腹をかかえて暮らした時代も経験しました.魚がやってこなくて,動物たちもなかなか見つからなかった時代です.
7年間というもの,動物がやってこなくて,犬たちはやせこけて骨と皮になってしまったこともありました.
それから彼は,子どものころ,おおかみたちが1頭のおおじかを殺すのを見た時の模様を思い出しました.
彼はその時,友だちのズンハと一緒でしたが,彼はその後ユーコン川で死んでしまいました.
ああ,しかしあのおおじかはどうだ!
あの日,ズンハと彼は外へ遊びに行っていたのです.
2人は,川のほとりに大きなおおじかのま新しい足跡を見かけたのです.
「ここに年老いたのがいるよ」ズンハが言いました.
「こいつはほかのおおじかのように走れないから,取り残されてるんだよ.
おおかみたちが,このおおじかを仲間から離してしまったんだ.おおかみたちは,ずっとこのおおじかのそばを離れないぞ」
ズンハが言ったとおりでした.
おおかみたちは夜となく昼となく休みなしに,おおじかの鼻にかみつき,足にかみついて,最後までおおじかのそばを離れませんでした.
ズンハと彼はわくわくとしてきました.
最後は見ものだろうな.
2人は,このおおじかとおおかみたちの足跡をたどりました.
どの足跡を見ても,いろんなことがわかりました.
彼らには,そこでどんな悲劇が起こったかということが,ありありとわかるのでした.
おおじかが戦うのに止まった地点がありました.
何フィートにもわたって,雪がかたく押しつけたようになっているのです.
1匹のおおかみは,おおじかの重い足で押さえつけられ,けり殺されていました.
2人には,その先おおじかが丘を登って逃れようとして,どのように戦ったかがわかりました.おおかみたちは後ろから攻めたのです.
おおじかは倒れて,おおかみを2匹押しつぶしました.
しかし,終末に近づいたことは確かでした.
2人の前方には雪が赤く染まっていたのです.
やがて,2人の耳に戦いの音が聞こえてきました.
その昔は,声をそろえて長くはっきりとした声で鳴く,おおかみの鳴き声ではなくて,おおかみたちが肉をかんでいる,短い,歯の音でした.
彼とズンハはおおかみたちに見つからないように,腹ばいになって近くまで行きました.
少年たちは終末を見たのですが,それはあまりにも強烈に印象に残る光景でした.
コスクーシユには生涯脳裏を去らない光景となったのです.
彼のぼんやりとして,もうほとんど何も見えなくなった目が,遠い昔に終末の光景を見た時のように,今また終末を見ようとしているのです.
長い間,彼は遠い日々のことを思い浮かべていました.
火がそろそろ消えようとしていて,寒気が彼のからだの中まで入ってきました.
彼は火の上にもう2本薪を置きました.薪はもうあと2本残っているだけです.
彼が生きつづけられるのは,この2本の薪が燃え尽きるまでなのです.
寂しさがこみあげてきました.
彼は最後に残っていた2本の薪のうちの1本を,火の上に置きました.
おや!
薪が燃える音にしてはおかしいぞ!
そうです.それは薪の音ではなかったのです.彼はそれがなんの音であるかがわかると,からだが震えました.
おおかみだったのです.
彼はおおかみの鳴き声を聞くと,あの年老いたおおじかの光景が,またもや目に浮かびました.
彼の目にはからだが引き裂かれ,鮮血が雪の上にしたたる光景が浮かんできました.
彼は肉のついていない骨が,凍った血をバックに並んで灰色に見える光景を想像しました.
彼はまた,灰色のおおかみたちが目を輝かせ,長いぬれた舌と鋭い歯を見せながら,突進してくる姿を目に浮かべました.
彼はさらに,おおかみたちが輪になって,ジリジリと迫ってくる様子を想像しました.
冷たくぬれた鼻が彼の顔に触れました.
コスクーシユはこの感触で,ハッと我に返りました.
彼は火のほうへ手を伸ばして,燃えている薪を1本取り出しました.
おおかみはその火を見ても恐れませんでした.
おおかみは振り返ると,空に向かって兄弟のおおかみに叫びました.
おおかみの兄弟たちが,すき腹にのどをごろごろ鳴らしながらこれにこたえ,走ってきました.
年老いたインディアンは,腹をすかしたおおかみの物音に耳を傾けました.
彼には,おおかみたちが彼と彼の小さな火を包囲するために,輪を作っている様子が聞こえました.
彼はおおかみたちに向かって,燃えさかる薪を振り回しましたが,おおかみたちは動こうとしません.
いよいよ,おおかみたちの中の1頭が,まるで老人のカを試そうとするかのように,老人に近づいてきました.
そして,そのあとに一頭また一頭と続いてきたのです.
輪がどんどん狭くなってきました.
しかも,あとには1頭も残っていません.
彼はもう戦うまでもありません.
もう生きることへの執着はないのです.
やがて彼は,先が燃えているたき木を落としました.
たき木は雪の中へ落ちて火が消えました.
おおかみたちの輪が近づいてきます.年老いたインディアンは,あのおおじかが息を引き取る前にもがいた模様を,もう一度目に浮かべます.
彼の頭がひざの上にうなだれました.
しかし,結局は,ただそれだけのことに過ぎないのです.
これが生きとし生けるものの掟なのではないでしょうか.
ジャック・ロンドン原作のアメリカン・インディアンの物語『生命の掟』をお送りしました.
「アメリカの声」では来週もこの時間に,次のアメリカの短編小説を特別英語でお送りします.
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿