HOMEVOADISTINGUISHED AMERICAN SERIES

ホームVOAアメリカを創った人々

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Martin Luther King(1) マーチン・ルーサー・キング


Martin Luther King マーチン・ルーサー・キング
DISTINGUISHED AMERICAN SERIES
夢を持つ男。
マーチン・ルーサー・キングは、波乱に富んだ生涯を送った、ノーベル平和賞の受賞者です。
彼は人類の友愛を信じていたにもかかわらず、たびたび投獄され、最後には殺害されたのです。
彼は正義と人間の尊厳を求める人々にとって、象徴的存在です。
彼は黒人であり、真の歴史的意義においてアメリカ人でした。
彼は、アメリカの理想をかたく信じて疑いませんでした。
彼は、彼の国の黒人の若者たちのために夢を抱いていました。
彼は、彼の国の貧しい人々のために夢を抱いていました。
彼は国の内外を問わず、彼の国の平和のために夢を抱いていました。
彼は言いました。「私はいつの日にかこの国が立ち上がり、この国が真の意味で信条とするところを実現するであろうという夢を抱いています。その信条というのは、すべての人間は平等につくられているという事実を自明のことと考える、ということです。
……私たちは、みんなが一緒になって住まうことを余儀なくされている、一つの大きな家を持っているのである。
人類の存続は、人間が人種的不平等や貧困や戦争といった問題を解決する能力を、持っているか否かにかかっているのです。」
彼は1発の銃弾によって生命を断たれました。
しかし、彼の夢は存続しているのです。
彼は1929年1月15日に、アメリカ南部のジョージア州アトランタで生まれ、歴史的な理由から黒人に平等の権利を与えることには常に遅れをとっていた地方で、成人しました。
おそらく、マーチン・ルーサー・キングが自由への道の行進を始めたのは、彼がはにかみ屋でぶきっちょな14歳の少年の時に始まったと言っていいでしょう。
彼は仲間の学生たちと、遠くの町で行われた高校のスピーチ・コンテストに出かけました。
彼らがバスに乗って帰途についたのは、夜遅くなってからのことでした。
バスが止まって、乗客たち-それは白人の乗客たちでした-が乗り込んできたころ、彼も仲間たちも疲れて眠くなっていました。
席がいっぱいになると、バスの運転手が大声で言いました。「おまえたちは後ろへ行くんだ!
さあ、立って白人に席を譲るんだ!」
眠気を催していた黒人の少年たちはためらっていました。
すると、運転手が怒鳴りました。「さあ、さっさと席をどくんだ!
法律で決められていることなんだぞ。それぐらいのこたあわかってるんだろうな。」
こう言われては、もうはじらいとやるせない怒りの念に耐えながらも、席を立ち、ずっと立っていくよりしかたがなかったのです。
15歳のキングは幸運にも、指導者的精神と社会的責務の双方に重点を置いていることで特に知られていた、ジョージア州アトランタにある私立の男子だけの大学である、モアハウス大学に入学することができました。
キングはモアハウスで数多くの傑出した牧師と知り合い、彼らが黒人のために公民権を勝ち取ろうとしている計画が、たいへんおもしろくて有意義なものであることを知りました。
彼はこれらの牧師に勧められて、19世紀のアメリカの哲人、ヘンリー・デービッド・ソローの『市民の反抗』という書物を繰り返し読みました。
キングは、ソローの不平等に対する非暴力主義的反抗に強い感銘を受け、ついには、自分の頭に今浮かびつつある考えについて突っ込んだ話ができるのは、教会をおいてはかにはない、と思うようになりました。
1948年、キングはモアハウスを卒業し、ペンシルバニア州のチェスターにあるクローザー神学校に入学しました。
彼はここでまたもや、ソローの哲学に強い影響を受けたインドの指導者モハンダス(マハトマ)・ガンジーの著書を発見しました。
これが彼にとっては、自由への道の曲がり角だったのです。
キングは、クローザー神学校を首席で卒業しました。
彼は最優秀学生に指名され、黒人としては初めて学友会の会長に選ばれました。
彼はさらに引き続きペンシルバニア大学とハーバード大学に学びました。
彼はボストン大学から博士号を受けました。
キングは、ボストンでまだ学生だったころに、ニューイングランド音楽学校に学んでいた美貌(びぼう)と才能を兼ね備えた、ソプラノ歌手のコレッタ・スコットと知り合いました。
彼女は彼の妻になるために、将来を嘱目されていた職業を投げ打って1953年6月にキングと結婚しました。
コレッタは、彼の夢を共有したいと思いました。……
彼女と4人の子どもたちも、自由への道を歩むキングの苦難を分かち合おうとしました。
1954年、彼は、アメリカ最南部の中心にある、アラバマ州の州都モンゴメリーの小さな黒人教会の牧師となりました。
キング博士にとって、自由への道は急激な方向転換をもたらしました。
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。