HOMEAOZORA BUNKOLITTLE WOMEN

ホーム青空文庫若草物語

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。
※青空文庫の作品は、原文の逐語訳になっていない部分があります。その部分は日本語訳が欠落しています。ご了承ください。

LITTLE WOMEN 若草物語 17-3

Chapter Seventeen Little Faithful 小さな真心 3

Alcott, Louisa May オルコット ルイーザ・メイ
AOZORA BUNKO 青空文庫
バンクス先生をよびにいくのも、ローリイがしてくれました、
 バンクス先生がいらして、ベスにはしょうこう熱のきざしがあると診断しました。そして、ハンメル家の話を聞いてむずかしい顔をしましたが、たいていかるくすむだろうということでした。
エミイは、すぐに家からはなれるように命ぜられ、予防の手あてをしてもらってから、ローリイとジョウにまもられて、マーチおばさんの家へいきました。
 マーチおばさんは、話を聞いて、、
(エミイは、おばさんから、目がね越しに、じろじろ見られるので、いやになってしまいましたが)
「だから、いわないことじゃない。よけいなおせっかいをして、貧乏人の家へいったりするからだよ。
エミイは、ここにいて、御用をしたらいいだろう。」と、いいました。
それでも、ローリイとジョウが帰ってしまうと、気をとりなおして、「あたし、とてもがまんできそうにないけど、やってみましょう。」と、考えました。
 そのとき、おばさんのとこの、おうむのポーリーが、「でていけ、ばけもの!」と、さけんだので、エミイはしくしく泣いてしまいました。
 
Copyright (C) Louisa May Alcott, Masaru Mizutani
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿