HOMEAOZORA BUNKOLITTLE WOMEN

ホーム青空文庫若草物語

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。
※青空文庫の作品は、原文の逐語訳になっていない部分があります。その部分は日本語訳が欠落しています。ご了承ください。

LITTLE WOMEN 若草物語 21-1

Chapter Twenty-One Laurie Makes Mischief, And Jo Makes Peace ローリイのいたずら 1

Alcott, Louisa May オルコット ルイーザ・メイ
AOZORA BUNKO 青空文庫
 あくる日、ジョウはむずかしい顔をしていました。れいの秘密が心の重荷になったのです。
そして、おかあさんは、ジョウに、あなたは永いあいだ家にとじこもっていたから、外へいって思いきり運動でもしなさいといいました。
このいたずら好きの少年は、ジョウがなにか秘密をもっているのをかぎつけて、本音をはかせようとし、
なあにすっかり知っているといったりそんなことは聞きたくないといったり、しつこい努力を重ねたすえに、とうとうその秘密がメグとブルック氏に関することだということをたしかめました。
そして、ローリイは、じぶんの家庭教師が、その教え子に秘密をうちあけてくれないのを怒り、無視されたその侮辱に、なにかしかえしをしようと思いたちました。
メグは、話しかけられるとびっくりしたり、人から見られると顔をあかめたり、なやましそうな顔をして裁縫をしたり、
おかあさんが尋ねると、どこもわるくないと答え、ジョウが尋ねると、ほっておいてちょうだいと答えました。
「メグねえさんは、あれを空気のなかで感じたんです。あれって恋のことですよ。そして、どんどん進行していくんです。
「小川の声は銀鈴のようにささやく。」とうたっていたし、
ねえ、おかあさん、どうしたらいいんでしょう?」
「待っているほかはありません。
親切にしてあげて、おとうさんが帰っていらっしゃれば、なにもかもかたがつきます。」
 そのあくる日、ジョウがれいの郵便局にはいっていたものを配達して、「メグねえさんのところへお手紙よ。
ローリイ、なんだってこんなにいかめしく封をしたんでしょう?」
 メグは、手紙を読むと、ただならぬ声をあげ、おびえたような顔をしました。おかあさんもジョウもおどろいてしまいました。
よくもあなたは、あたしたち二人に、こんならんぼうな、いやしいまねができたものねえ。」と、メグは、胸がつぶれでもしたように泣きました。
 ジョウは、おかあさんといっしょに、その手紙を読みました。
 最愛のマーガレットへ、
わたしはもう熱情をおさえることができなくなりました。帰宅する前にじぶんの運命を知りたく思います。
まだ御両親には話さないでいますが、わたしたち二人が愛し合っていることがわかれば、御承認下さると思います。
ローレンスさまは、必らずわたしを適当なところへお世話下さるでしょう。そのときは、愛する少女よ。わたしを幸福にして下さるでしょう。
なお、御家族にはなにごともおもらしなきよう。ただ希望の一言をローリイさんの手をとおしてお送り下さい。
あなたにささげたジョンより、
「まあ、まあこのいたずら小僧! あたしがおかあさんとの約束をまもっているしかえしなんだ。
いって、うんと怒って、ひきずって来てあやまらせる。」と、ジョウは、かっとなり、すぐにもとび出しそうにしましたが、
おかあさんが、ひきとめきつい顔をしていいました。
「ジョウ、お待ち、まずあなたが、じぶんの証をたてなければなりません。
あんたは、これに関係ありませんか?」
「いいえ、おかあさん。けっして。あたし今までにこの手紙見たこともなく、なんにも知りません。
もし関係したのなら、もっとうまく、もっとじょうずに書きます。
あたしだって、ブルックさんがこんな手紙書かないことわかってますわ。」と、ジョウはいまいましそうに、その手紙を床にたたきつけました。
「あのかたの書いたのと似ています。」と、メグはそれをじぶんの手にあるのと見くらべながら口ごもりました。
「メグ、まさかあなたは返事は出さなかったでしょうね?」と、おかあさんはせきこんでいうと、
メグは、はずかしそうに、「出しましたわ。」
「あたし、あのいたずら小僧をひっぱって来て白状させ、うんとしかってやります。」と、
 ジョウは、ふたたび走り出そうとしました。
「およし、考えていたよりも、こまったことになりました。
メグ、みんなお話しなさい。」 おかあさんは、メグのそばに腰をおろし、ジョウをしっかりとつかまえました。
おかあさんにうち明けるつもりでしたが、ブルックさんが好きだとおっしゃったこと思い出して、四五日くらい秘密にしといてもいいと思いましたの。
お許し下さい、ばかなまねをしたばつです。
二度とあのかたに顔を合すことができません。」
「それで、なんとお返事しましたの?」
「そんなことを考えるのはまだ年がわかいし、それにおかあさんに秘密を持ちたくないから、おとうさんにいって下さい、
御親切はありがたいと思いますが、ただのお友だちとしてつき合いをしていきたいと申しあげましたの。」
 おかあさんは、いかにも満足そうにほほえみ、ジョウは手をたたいて、「おねえさんは、つつしみ深いわ、
メグ、いってちょうだい、あの人、なんといってよこした?」
 
Copyright (C) Louisa May Alcott, Masaru Mizutani
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿