HOMEAOZORA BUNKOHis Last Bow

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズ最後の挨拶

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

His Last Bow シャーロック・ホームズ最後の挨拶

The Adventure of the Devil's Foot 悪魔の足 1

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
ミスター・シャーロック・ホームズとの親しい友情関係もずいぶん長く続いている。その中で見聞きした面白い体験や回想を時に応じて記録してきたが、ホームズ自身が宣伝行為を嫌っていたために公表にあたっては常々困難と直面してきた。
内向的で辛辣なホームズにとって、大衆の称賛はいつだって嫌悪すべきものだった。また成功に終わった事件についても、警察関係者に事件の摘発を任せてしまい、見当違いの方向に送られる賛辞の大合唱に冷笑を浮かべながら耳を傾けるのを何よりの愉しみにしていた。
ここ数年記録をほとんど公にしていなかったのは、実際のところ、ホームズのこの態度が原因で、決して面白い題材を欠いていたわけではない。
私は、ホームズの冒険に参加したりする特権を持っていたけれども、それは思慮と沈黙を私に負わせるものでもあったのだ。
だから、あのとき私はかなり驚いた。先の火曜日、ホームズからきた電報に――ホームズは電報の届くところに手紙を書くような人間ではない――こんなことが書いてあったのだ。コーンワル ノ キョウフ ヲ コウヒョウセヨ――ボクガ テガケタ モットモ キミョウナ ジケン ヲ.
どんなきっかけからこの事件を思い出したのか、そしてどんな酔狂から公表されるべきだと望んだのかは分からない。だが急いで――ホームズからキャンセルの電報がくるかもしれない――この事件の詳細を正確に書き記したノートを探し出し、読者諸氏にその物語を聞かせよう。
あれは、そう、1897年の春、ホームズの鋼の体にも翳りが見られるようになった。きわめて厄介な依頼が連続的にやってきたこともあるし、おそらくは時折やらかす無茶の数々に拍車をかけられたのだろう。
その年の3月、ハーレー街のドクター・ムーア・アガー――この人とホームズとの劇的な出会いについてはそのうちお話することがあるかもしれない――はこの有名な私立探偵に、全事件を凍結して完全な休息に身を委ねよ、さもなくば確実に体を壊すであろう、という強い勧告を与えた。
ホームズは絶対的な知的独立性をもっていたから、健康状態など興味をよせるに値する問題ではなかったが、結局は、仕事を続ける資格を永久に失ってしまうだろうという脅しによって、新鮮な空気と風景のもとで静養することに同意した。
そういうわけであの年の早春、我々はコーンワル半島の先端、ポルドュー湾に近い小さなコテージで過ごしていたのだった。
風変わりな場所、私の患者の重苦しい気分には妙によく似合った場所だった。
我々の漆喰の家は草深い岬にあり、窓からマウント湾の薄気味の悪い全景を見おろすことができた。この半円形の湾では、無数の海の男たちが、黒く切り立つ崖と波に潜む岩礁によってその最後を遂げている。行き交う船にとって古くからある死の罠だ。
北からの微風が吹く中、穏やかに、包み込むように横たわり、嵐に揺れる船に誘いかける。安息を求めて間切りこんでくるように、と。
そして、突如風が渦巻く。南西からの痛烈な突風。引きずられる錨。風下の岸壁。泡立つ破壊者しらなみとの最後の戦い。
賢い海の男は、この魔の海に決して近づかないものである。
陸も、海と同じくらい陰気な環境だった。
起伏の激しい原野地帯は、人寂しく、焦茶色で、古代の村の跡であることを示す教会塔が点在していた。
どの方角にも失われた民族の遺跡があった。唯一の記録である奇妙な石碑。死体を焼いた灰を埋めたでこぼこの塚。有史以前の戦争をほのめかす土塁。
ホームズは、この場所の謎と不思議に、そして忘れさられた民族の不吉な雰囲気に想像力を惹きつけられ、ほとんどの時間を散策や思索で費やしていた。
また、古代コーンワル語にも気をひかれたホームズは、私の記憶によると、古代コーンワル語がカルデア語と類似関係にあり、主としてフェニキアの錫商人たちに由来しているのだ、と言っていた。
ホームズは頼んでおいた歴史比較言語学関連の書籍を受け取ると、この主張を展開しようと腰を落ちつけた。そしてそのころ、すぐそばで起きたある問題に、突然巻き込まれてしまったのだ――この夢の国においてさえ。そうと知り、私は嘆いたものだが、ホームズはおおっぴらに喜んでいた。ある問題とは、我々をロンドンから追いたてたどの事件よりも強烈で、はるかに謎の多い事件だった。
我々は単調な生活と平和で健康的な日常から引き離され、コーンワル地方はおろかイギリス西部全体に大きな興奮を巻き起こした事件の渦中に投げ込まれた。
読者諸氏はその頃に「コーンワルの恐怖」と呼ばれていた事件を覚えておられるかもしれない。ロンドンの出版界に届いた情報は大抵が不完全なものだったにもかかわらず。
事件から13年経った今、この想像を超えた事件の真相を公表しよう。
先にも述べたとおり、コーンワルのこの地域には教会塔が散在していて、それが村々の目印のようになっている。
もよりの村はトリダニック・ウォラスの村落で、苔むした教会の周囲に200人ほどの住民のコテージが集まっていた。
巡回の教区牧師、ミスター・ラウンドヘイはちょっとした考古学者だったからホームズとは面識があった。
ラウンドヘイは中年の男で、社交的で愛想がよく、民間伝承についてかなりの知識を持っていた。
我々はラウンドヘイ牧師の招待に応じて牧師館でのお茶会を楽しみ、ミスター・モーティマー・トリジェニスとも知り合いになった。モーティマー・トリジェニスには働かなくても暮らしていけるほどの財産があったから、広いが古臭い牧師館の部屋をいくつか借り受けることで、牧師の乏しい資産を膨らませていた。
牧師は、独身ということもあっただろうが、この眼鏡をかけた色黒で痩身の男とほとんど共通点がなかったにもかかわらず、喜んでその提案に応じ、この男を下宿人とした。モーティマー・トリジェニスの猫背には、確かに肉体的な奇形を感じるものがあった。
私の記憶によると、我々がちょっとだけ訪問した際も、饒舌なラウンドヘイ牧師とは対照的に、トリジェニスは妙に無口で表情を沈ませた自閉的な男で、目をそらして座りながら、どうやら自分自身のことばかり考えているようだった。
この2人が我々の小さな居間に突然に飛び込んできたのは3月16日火曜日の朝食直後のことで、そのとき我々は、一緒に煙草をふかしていた。その後に、いつもどおり原野を散歩するつもりでいた。
「ミスター・ホームズ」と、ラウンドヘイ牧師が動揺した声で言った。「とにかく異常でとにかく悲劇的な事態が、昨日の夜、起きました。
とにかく聞いたこともないような事態です。
我々には、あなたが今ここに偶然おられるのは、特別な神のお導きだろうとしか思えません。このイギリス中、あなた以上に我々が必要とする人はいないのです」
私は闖入者を非友好的な視線で睨みつけた。が、ホームズは唇からパイプを離すと、「キツネがいたぞお!」ビュー・ハルーを耳にした老猟犬のように椅子から身を乗り出した。
ホームズが手を振ってソファを示すと、ラウンドヘイ牧師とその友人はともに震えながら並んで座った。
ミスター・モーティマー・トリジェニスはラウンドヘイ牧師よりも自制できていたが、落ちつきのない細い手や黒い目に宿る光からすると、2人とも同じ感情を共有しているようだ。
「私がお話しましょうか、それとも?」と、モーティマー・トリジェニスはラウンドヘイ牧師に尋ねた。
「そう、発見したのはあなたで、それが何かはともかく、ラウンドヘイ牧師は2番手だったようですから、たぶんあなたからお話になるほうがよいでしょう」と、ホームズ。
私は慌てて服を着こんだ様子の牧師と、その隣できちんと服を身につけている下宿人とを一瞥して、ホームズの簡単な推論に驚いている二人の表情を楽しんだ。
「たぶん、私が最初に少しお話したほうがよいでしょう」と、ラウンドヘイ牧師がいった。「それから、ミスター・トリジェニスから詳しくお聞きになるかどうか、そして、この不可解な事件の現場にお急ぎになるかどうかを判断してくださいますよう。
では、ここにいる我々の友人が、ご家族のオーウェン、ジョージ、ブレンダと昨日の夜に経験したことを説明いたします。彼らの家は原野の古い石十字架に近いトリダニック・ワーサにあります。
ミスター・トリジェニスは10時を回るとすぐに帰ったのですが、彼らはそのままダイニングテーブルを囲んでカードに興じていました。そのときは健康面でも精神面でも問題はなかったようです。
今朝は早起きしたそうで、朝食前にトリダニック・ワーサ方面へ散歩に出たところ、ドクター・リチャードの四輪馬車に追いつかれました。ドクターは緊急連絡を受けてトリダニック・ワーサに向かっていたところだと説明しました。
ミスター・モーティマー・トリジェニスは、当然ドクターと一緒に行きました。
トリダニック・ワーサに到着すると、異常な有様が広がっていたのです。
3人のご兄弟は、昨日のままテーブルに座っており、カードはテーブルの上に広げられ、蝋燭は受け口のところまで燃え尽きています。
妹さんは椅子にゆったりともたれかかったまま亡くなっており、硬直していました。一方、2人の兄弟は妹さんの両脇に座って、馬鹿笑いしたり、喚いたり、歌ったりしていました。神経がすっかり損なわれていたのです。
3人とも、亡くなった妹さんも、狂ってしまったお二方も、表情に極限の恐怖を体験した後が残されていました。見るも恐ろしい表情だったそうです。
家の中には誰の気配もありませんでした。年老いたミセス・ポーター以外には。ミセス・ポーターはコックを兼ねた家政婦で、自分は昨晩熟睡していて何の音も耳にしなかったと断言しています。
何も盗まれておらず、荒らされた様子もありません。そして、いったいどんな恐怖が1人の女性を死に追いやり、2人の屈強な男性の神経を狂わせたのか、まったく説明がつかないのです。
以上です、ミスター・ホームズ、ごく簡単に言えば。もしあなたがすべてを明かして私たちを助けてくだされば、それはすばらしいこととなるに違いありません」
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Kareha
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。