HOMEAOZORA BUNKOThe Return of Sherlock Holmes

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズの帰還

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Return of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの帰還

The Adventure Of The Three Students 三人の学生 1

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
 あれは九五年のこと、ここで触れるまでもない諸々の事情から、シャーロック・ホームズくんと私は、この国随一の大学町で数週間を過ごすこととなったのだが、その折に見舞われたのが、今よりお話するささやかながらも深い事件なのである。
もっとも詳しく書いて読者諸賢にその大学や犯人を特定させようものなら、盲動俗悪の謗りを受けよう。
かように痛ましい不始末は忘れるままがよいのではあるが、
しかるべき配慮さえあれば、この一件を著してもよかろうと思われる。何よりわが友人の辣腕の一端を知らしめる一助となるのであるから。
ただ記すにあたり、この件を特定の場所へ結びつけたり、関係者への手がかりを与えたりすることのないよう心がけるものである。
 当時我々が身を寄せていたのは図書館近くの家具つき下宿で、シャーロック・ホームズは初期イングランドの勅許状について念入りに調べ上げていたところだった――その成果は見事なものであるからいずれお話することがあるかもしれない。
ともかくもここである夕べ、我々はある知人の訪問を受けた。ヒルトン・ソウムズ氏は聖セントルーク学寮の学監兼講師であり、
長身痩躯、ささいなことを気にしてすぐ怒り
――以前より落ち着きのない男だと知ってはいたが、今回は手がつけられないほど取り乱したふうであったから、ただならぬことが出来したのは間違いなかった。
「ぜひとも、ホームズ先生、貴重なお時間を少々割いていただきます。
聖ルークは大弱りの事件に見舞われ、まさに僥倖、あなたがこの町にいらっしゃらなければ、どうすべきか今頃途方に暮れておりました。」
「僕は目下大忙しで、邪魔はご勘弁を。」と友人が答える。
「警察を呼ばれた方がよかろうと存じます。」
「いやいやよろしいですか。そのような対応はどだい無理。
いったん警察沙汰になればもう収まりつきません。この件ばかりは学寮の名誉のため、騒ぎになるのをどうしても避けねば。
ご配慮いただけるのはその手腕同様つとに有名、助けとなるのはあなたばかり。
お願いです、ホームズ先生、どうかお力を。」
 友人の機嫌は勝手知ったるベイカー街の環境から離れて向こうよくなることはなく、
切抜帳も実験器具もいつもの散らかり具合もないとあっては、とっつきにくい相手とならざるをえない。
しぶしぶといったふうに肩をそびやかすと、客人は早口でそわそわ身振り手振りを交えて、話を一挙に語り出す。
「前置きとしては、ホームズ先生、明日はフォーテスキュー奨学金の試験初日で、
わたくしも試験官のはしくれ。
担当はギリシア語で、問題冒頭に受験生の見知らぬ長文のギリシア語翻訳を課しておりまして。
試験問題に刷られた箇所が割れれば、当然受験生は前もって対策できますから、大いに利がございます。
ですから細心の注意を払って問題を伏せるわけで。
 本日三時頃、問題の校正刷りが印刷屋から届きまして。
課題としてはトゥキュディデスから半章を抜粋、
本文の誤字はゼロか丹念に読み返さねばなりません。
四時半、作業はいまだ終わらずじまい、
けれども知人の部屋でお茶の約束がございましたから、机の上に校正刷りをおいて部屋を空けまして。
一時間と少しの不在です。
 ご存じでしょうが、ホームズ先生、わが学寮の戸は二重――部屋の内側が緑のベーズ付きで、表向きが楢のものになっております。
わたくしが表扉に近づくと、驚いたのなんの、鍵が挿さったままで、
ふとわたくしのうっかりかと思ったものの、懐探るとちゃんとある。
と残る合い鍵は知る限り使用人のバニスタが持つものだけ――この男はわたくしの部屋の世話をして一〇年、真面目なること疑いの余地もございませんが、
見てみると確かに鍵は彼のもの、お茶がいるかと部屋へ顔を出し、帰るときにうっかり取り忘れたのかと。
挿したままでも他の折なら問題もさほどないでしょうが、この日ばかりは最悪の事態になってしまうわけで。
 机に目をやったとたん、はっとしました。何者かが問題をひっかき回したのですよ。
校正刷りは縦長で三枚、
すべてまとめてあったというに、
見ると一枚は床の上に落ち、もう一枚は窓際の小机の上、三枚目は置いておいたところにそのまま。」
 ここで初めてホームズが口を挟む。
「一頁目が床上、二頁目が窓際、三頁目がそのまま。」
「そうですともホームズ先生、どうしてご存じで?」
「どうかその興味深いお話の続きを。」
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Yu Okubo
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。