HOMEAOZORA BUNKOThe Return of Sherlock Holmes

ホーム青空文庫シャーロック・ホームズの帰還

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Return of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズの帰還

The Adventure Of The Three Students 三人の学生 6

Sir Arthur Conan Doyle アーサー・コナン・ドイル
AOZORA BUNKO 青空文庫
「そんな、わたくしめの口からはとても。
この大学にはそのような御仁はいらっしゃらないと信じております。こんなことをしでかしてまで人を出し抜こうなんて。
おりません、そう信じております。」
「ありがとう、十分だ。」とホームズ。
「いや、あともうひとつ。あなたが受け持ちの三人の紳士のうち、誰ひとりとしておかしなところはなかったと言うのですね。」
「はい――ございません。」
「誰も見かけなかった?」
「はい。」
「実に結構。さてソウムズさん、方庭の散歩を、差し支えなければ。」
 頭上の三部屋から四角い光が深まる闇のなか漏れ輝いていた。
「三匹の鳥はみなその巣にいると。」とホームズは見上げる。
「ほお! あれは何だ。ひとり落ち着きのないやつがいる。」
 それはインド人で、その黒い影がいきなり日覆いの向こうに現れるや、
部屋をせかせかと行ったり来たり。
「ひとりずつ顔をのぞいてみたいのですが。」とホームズ。
「できますか?」
「お安いご用で。」とソウムズの返事。
「このあたりの部屋はこの学寮でも最古の部類ですから、見学に来る人も珍しくありません。
こちらへ、じかにご案内を。」
「どうか名は伏せて!」とホームズが言ったのは、我々がギルクリストの部屋の戸を叩いたときであった。
長身痩躯、亜麻色の髪の青年が扉を開け、その用向きを知るや快く受け入れてくれた。
なかにはわが国の中世建築を特徴付ける珍しい箇所が数々あり、
ホームズはそのうちのひとつに見とれ、手帳にその絵を描きつけたいと言い出したが、鉛筆を折ってしまい、部屋の主からあらたに借りねばならず、とうとう刃物まで借りて削る羽目に。
同じく妙な災難はインド人の部屋でも起こった――相手は無口で小柄な鉤鼻の男で、我々を訝しげに眺め回したが、ホームズによる建物の素描が終わりを迎えるとあからさまに喜んでいた。
どちらの場合もホームズが求める手がかりを見つけたとは思えなかった。
ただ三度目だけは訪問も失敗に終わった。
表扉は叩いても開けられることはなく、返事といえばただ向こうから止めどなくやってくる罵詈雑言。
「誰かは知らんが、業火に焼かれちまえ!」と荒々しい声がうなる。
「明日は試験だ、出るもんか。」
「荒っぽいやつだ。」と怒りに顔を赤くする案内人とともに、我々は玄関の石段へ降りてくる。
「まあ叩いてるのがわたくしだと気づいてないにしても、それでもあの振る舞いは失礼、こんなことでは実際怪しくも見えてこようもの。」
 だがホームズの反応は妙であった。
「教えてください、あの男の正確な身長を。」
「えっと、ホームズ先生、何とも言えませんが、
インド人よりは高く、ギルクリストほどではなく、
だいたい五フィート六といったところでしょうか。」
「それが極めて重要でして。」とホームズ。
「ではさてソウムズさん、よい夜をお祈り申し上げます。」
 案内人は驚き戸惑い、声を張り上げる。
「そんな、ホームズ先生、まさかいきなりわたくしを突き放したりなさいませんよね! 
この状況おわかりですか、
明日は試験なんです。
今夜のうちに何かはっきりとした行動を取らないと。
問題の一枚が荒らされたのなら試験をこのまま開くなんてとてもとても。
差し迫ってるんです。」
「なるようになります。
明日の朝早く立ち寄りますから、この件についてお話でも。
おそらくその頃には進む道を指し示せる状況にあるかと。
それまではそのまま――まったくそのままで。」
「わかりました、ホームズ先生。」
「すっかり気を楽にしてくださって構いません。
必ずや難局の抜け道を見つけられましょう。
ではこの黒い泥と鉛筆の端切れは預かっておきます。失礼。」
 我々は方庭の闇へと歩み出し、再度窓の方を見上げる。
インド人はいまだ部屋を歩き回っているが、
他の二人は姿が見えない。
 
Copyright (C) Sir Arthur Conan Doyle, Yu Okubo
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。