HOMEAOZORA BUNKOThe Great Gatsby

ホーム青空文庫華麗なるギャツビー

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Great Gatsby 華麗なるギャツビー

Chapter1-1

Francis Scott Fitzgerald F・スコット・フィッツジェラルド
AOZORA BUNKO 青空文庫
 ぼくが今より若くて今より傷つきやすかった時代に父から受けた一種の忠告を、ぼくは何度も心の中で繰りかえしながら生きてきた。
「他人のことをとやかく言いたくなったときはいつでもね、この世の誰もがおまえほどに恵まれた生き方をしてるわけじゃないと思い出すことだ」
 父はそれ以上何も言わなかったものの、ぼくと父とは、他人行儀なやりかたで異常なほど意思を伝え合ってきたから、父はこの言葉にもっと大きな意味を含めているのがよく分かった。
結果として、ぼくはどんなときでも判断を保留したがるくせがつき、そのおかげで一風変わった連中の気持ちも理解できたし、また、退屈きわまりない連中が二、三人と言わずぼくにつきまとったりしたのも、このくせのせいだろう。
人並外れた精神は、人並みの人物がこの心がけを見せると、たちまちそれを察知し、誼《よしみ》を通じようとするものなのだ。それで大学では、あいつは策士だなんて不当な非難を浴びたりもした。というのもぼくは、よく知りもしない乱暴者たちが胸に抱えこんだ苦悩を知っていたりしたからだ。
ぼくはそうした信頼を求めて得たわけではない。よく、寝たふりをしたり、考え事をしているふりをしてみせたり、嫌がらせに走ったりして、相手を遠ざけようとしたのだ――ぼくと親しくつきあいたがっている気配が伺えたときは。それは勘違いのしようがない気配といえた。なぜなら、若者同士の親睦《しんぼく》というものは――というか、少なくともそういう親睦において用いられる言葉には――たいていオリジナリティーが欠けていて、本心を隠そうとしているのが見え見えの出来の悪い代物《しろもの》になっているからだ。
判断の保留は無限の希望を生む。
父がえらそうに言い出したように、そしてぼくがえらそうに繰りかえすように、常識非常識の感覚は生まれながらに十人十色《じゅうにんといろ》なのであって、これを忘れてしまうようでは、ぼくもまた何事かを見落としてしまうのではないだろうか。
 それで、ぼくはこうして自分の心の広さを誇っておきながら、それにも限度があるということを認めることになる。
人の一挙一動は、岩のようにがっしりしたところに根をおろしていたり、あるいは沼地のようにじめじめとしたところに根をおろしていたりするのだけれども、ある一点を超えると、その根っこがどこにあるのかまったく気にならなくなってしまう。
去年の秋、東部からもどってきたぼくは、世間というものがいつまでも軍服を着、その道徳観に「気をつけ」みたいにしていて欲しい気分だった。いい気に人の心を垣間《かいま》見ながら馬鹿騒ぎに満ちた旅をやるのはもうまっぴらだった。
ただひとりギャツビー、この本に名をふきこんだ男だけは、ぼくの反感の対象外だった――ギャツビー、ぼくが心からの軽蔑《けいべつ》を抱いているものすべてを一身に表したような男。
もし人格というものを首尾よく続けられた一連の演技のことだとすれば、かれの人格には豪華絢爛《ごうかけんらん》とでもいうべきところがあって、人生の希望を捉える研ぎ澄まされたその感性は、まるで、数千マイル離れた場所の地震を感知する、あの複雑な機械とつながりがありそうに思えた。
この鋭敏さは、「クリエイティブな気質」とかいうもったいぶった言い方をされる、あの危うい影響の受けやすさとは違う――ギャツビーのそれは、希望を見出す天分であり、ロマンティックな思考回路だった。ぼくがこれまで他の人に見出したことがなく、これからも見出《みいだ》せそうには思えないような。
そう――最後になってみればギャツビーはすべて正しかったのだ。ギャツビーを喰い物にした連中、ギャツビーの夢が描いた航跡に浮かんでいた薄汚い塵芥《ちりあくた》、そういったものが一時的にぼくの目をくらまし、人が胸に抱えこんだ、とりかえしのつかない悲しみやはかない思い入れへの関心を持てなくしていたのだ。
 ぼくの家系は三世代にわたって中西部で繁栄してきた。
我がキャラウェイ家はどこか族閥《ぞくばつ》みたいなところがあって、バクルー公爵家の末流《まつりゅう》なのだなどという言い伝えがあったりするのだけど、実際のところは、ぼくの祖父の兄が家系の始祖になる。一八五一年にこの地にやってきた大伯父は、南北戦争のおりには替え玉を出しておいて、金物の卸売りを始めたのだ。そしていまはぼくの父がその仕事を引き継いでいる。
 ぼくはこの大伯父に会ったことがない。が、ぼくはかれに似ていると言われる――父のオフィスに掛けられているややハードボイルドなタッチの肖像画が引き合いに出されながら。
ぼくは一九一五年、父に遅れること四半世紀、|イェール大学《ニューヘイヴン》を卒業し、その後ほどなくして、世界大戦として知られるあの遅すぎたゲルマン民族大移動に参加した。
この逆襲をこころゆくまで堪能《たんのう》したぼくは、帰国したときは妙に落ちつけなかった。
中西部は、心揺さぶるような世界の中心とは違って、いまや宇宙の最果てのように思えた――それでぼくは東部に出て証券取引を学ぶことにした。
ぼくの知り合いはみんな証券業界にいたし、独身の男をもう一人くらい養えるだろうと思ったのだ。
叔父たちや叔母たちはまるでぼくをどこの学校にやろうか選ぶみたいな態度でぼくの決心について話し合い、やがて「まあ――よかろう」と、引きつった、ためらいがちの顔で言った。
父は一年の仕送りを約束してくれた。それからいろいろあって遅れたものの、ぼくは一九二二年の春、東部にやってきた。永遠に、と、そのときは思っていた。
 市内に部屋をみつけるのが現実的なやりかたではあったのだろうが、暑い時期でもあったし、涼やかな芝生《しばふ》や木立が広がる田舎から出てきたばかりだったから、職場の若い男が、市外に共同で家を借りないか、と言い出したときは、とてもいいアイデアだと思えた。
風雨にさらされた安手《やすで》のバンガローを月八十ドルで見つけてきてくれたかれは、最後の段になって社からワシントンへの転勤を命じられ、ぼくがその田舎にひとりでいくことになった。
ともにあったのは、犬一匹――すくなくとも逃げられるまでの数日は――に古いダッジ一台、フィンランド生まれの女が一人。この女はぼくのベッドを整え、朝食の支度をし、電気コンロに屈みこみながらフィンランドの警句をぶつぶつとつぶやいていた。
 ぼくが孤独だったのは一日やそこらで、ある朝、ぼくより後にこの土地にやってきたらしい男が、道端《みちばた》でいきあったぼくの目の前で足を止めるまでのことだった。
「ウェスト・エッグ・ビレッジにはどう行けばよろしいんでしょうか?」男は途方にくれたようすでそう尋ねた。
 ぼくは教えてやった。そして歩き出した。ぼくはもう孤独ではなかった。
ぼくはガイドであり、草分けであり、古株《ふるかぶ》の住民だった。
男は、そうと意識することなく、ぼくにこの付近での自由を与えてくれたのだ。
 そして、陽光あふれる中、新芽《しんめ》は梢《こずえ》から迸《ほとばし》り出る――まるで早回しの映画のように――それを見てぼくは、この夏とともにまたふたたび新しい日々が始まろうとしているのだという、おなじみのあの確信を抱いた。
 ひとつには、読むべきものがたくさんあり、また、引きとめられなければ若々しい新鮮な空気を楽しもうとする健やかさがあった。
銀行業務や信用取引や投資信託に関する書籍を、十冊、二十冊と買いこんで本棚に立ててみると、それらは造幣局から出てきたばかりの紙幣のように、朱色に、黄金色に輝き、ミダス、モルガン、マエケナスのみぞ知る、燦然《さんぜん》たる秘密の解明を約束してくれるもののように思えた。
そして、それと平行して、もっと幅広くいろいろな本を読もうと志していた。
大学時代のぼくは文学的なほうだった――ある年など、『イェール・ニュース』に、生真面目な、わかりきったことを並べたてた論説を連載したこともあったりした――そしてぼくはそれらをいまの日々にとりもどして、あらゆる専門家のうちもっとも視野の狭い類の専門家、「バランスのとれた人間」にたちもどろうとしていた。
これは単なる警句などではない――人生とは、結局のところ、ひとつきりの窓を通してのほうがよく見えるものなのだ。
 まったくの偶然から、ぼくは北アメリカのコミュニティーのうち、もっとも珍しいところのひとつに家を借りることになった。
それはニューヨークの真東にある細長くて騒々しい島にある――そこのいろいろな自然の奇観のうちでも、二つの島は例を見ないものだった。
ニューヨークから距離にして二十マイルのところに浮かぶ、一対の巨大な卵。外形的には同一、申しわけ程度の入江にわかたれ、それぞれが、この海域を西半球でいちばん開発が進んだ牧地とたとえるならば、養鶏小屋からロング・アイランド海峡という湿った前庭に転がり出ている。
卵はふたつとも完全な楕円形《だえんけい》ではなかった――コロンブスの話に出てくる卵のように、陸地に接するほうの端が平らにひしゃげていた。けれども、この二つの卵は見たところそっくりだったから、上空を飛ぶ鴎はどっちがどっちかと困り果てていたに違いない。
翼のないぼくらにとっては、形とサイズをのぞいた、あらゆる違いこそが興味の対象だった。
 ぼくはウェスト・エッグに住んでいた――そう、二つの島のうち、ファッショナブルではないほうだ。この言い方は、両者の、不吉さすら感じられたりもするアンバランスさを表現するにはきわめて底が浅いとは思うものの。
ぼくの家はこの卵の頂点にあった。海峡からはわずか五十メートル。両側を、家賃がシーズンごとに一万二千とか一万五千とかするような屋敷に挟まれ、窮屈そうに立っていた。
そのうち、右手に立っていた家はまさしく豪邸だった――ノルマンディのシティ・ホールでもそっくり再現したみたいだった。そばに建てられた塔は、髭《ひげ》代わりの薄い蔦《つた》の下で真新しいきらめきを放っている。それから大理石のプール。それから、四十エーカーを超える広大な芝生や庭園。
それがギャツビーの邸宅だった。
いや、ぼくはミスター・ギャツビーを知らなかったのだから、むしろ、そういう名前の紳士が住んでいる邸宅だった、というべきか。
ぼくの家は目障りだったけれど、小さな目障りだったから、見逃されていた。というわけで、ぼくは海を眺め、隣人の芝生の一部を眺め、金満家《きんまんか》に近づいたような気持ちを愉《たの》しんだ――しめて、月八十ドルで。
 ささやかな入江の向こうには、海岸沿いに、ファッショナブルなイースト・エッグの白亜の豪邸がまばゆく建ち並んでいた。そしてあの夏の物語は、そこへ、トム・ブキャナン夫妻とディナーをともにするため、ぼくが車で乗りつけたあの夕べにはじまる。
 
Copyright (C) Francis Scott Fitzgerald, Kareha
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿