HOMEAOZORA BUNKOThe Old Man and the Sea

ホーム青空文庫老人と海

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Old Man and the Sea 16 老人と海


Ernest Miller Hemingway アーネスト・ヘミングウェイ
AOZORA BUNKO 青空文庫
今は東風が抵抗となって、老人は静かな海を穏やかに進むのだった。背中にまわしたロープの痛みは、和らいで楽になってきた。
 午後に一度、ロープが再び上がってきた。
しかし、魚は少し浅いところを泳ぎ続けるだけで、浮上はしなかった。
日の光は老人の左腕と肩に、そして背中に当たった。
そのおかげで、魚が真北からやや東寄りに針路を変えたことが分かった。
 既に一度魚を見た彼には、その姿を思い描くことができた。魚は紫色の胸びれを翼のように広げ、まっすぐ立った大きな尾びれで闇を裂きながら泳いでいるだろう。
しかし、これだけ潜っていて、どれほど目が見えるのか。
奴の目は大きい。馬はもっと目が小さいが、暗い中で目が利くな。
昔は俺も、暗くてもずいぶんよく見えた。全くの暗闇じゃ駄目だが、猫と同じくらいには見えたものだ。
 日に当たり、指をずっと動かしていたので、左手の引きつりはすっかり良くなった。彼は負荷を左手に移し始め、背中の筋肉を縮めてロープの痛みを少しずらした。
「魚よ、お前が疲れていないというなら」彼は声に出して言った。「よほどおかしな奴にちがいない」
 彼はひどく疲れていた。じきに夜が来ることも分かっていた。別のことを考えようとして、
大リーグの試合のことを考えた。大リーグ、彼の言葉ではグラン・リガスだ。ニューヨーク・ヤンキースがデトロイト・ティグレスと対戦しているはずだった。
 試合の結果が分からなくなってから二日目だな。彼は思った。
だが俺は自信を持って、大ディマジオに負けないようにしなければ。大ディマジオは、かかとの骨棘が痛んでも、全て完璧にやれる男だ。
骨棘とは何のことだろう。彼は自問した。骨の棘か。俺たちには無い。
闘鶏につける蹴爪が、かかとに付いたような痛みだろうか。
それは耐えられないな。闘鶏は片目を潰されても、両目とも潰されても闘い続ける奴らだ。
立派な鳥や獣に比べれば、人間など大したものじゃない。
やっぱり俺は、海の暗闇の中に潜るあの獣になりたい。
「サメが来なければな」彼は声に出して言った。「もしもサメが来たら、奴も俺もお手上げだ」
 奴を相手に俺が粘るように、大ディマジオも魚と長く戦えるだろうか。彼は考えた。
きっとやるだろう。若いし力もあるから、俺以上かもしれない。親父は漁師だったしな。
だが、骨棘の痛みでひどく苦しむのだろうか。
「分からんな」彼は声に出して言った。「俺には骨棘は無い」
 日が暮れると彼は、自信をつけようとして、カサブランカの酒場での出来事を思い起こした。波止場で一番強い、シエンフエゴス出身の黒人の大男と腕相撲をしたのだった。
テーブルにチョークで引いた線の上に肘をつき、肘から先をまっすぐに立て、手を堅く握り合って、二人は一昼夜も睨み合った。
互いに、相手の手をテーブルに押し倒そうとしていた。
たくさんの金が賭けられていて、灯油ランプで照らされた部屋には人が出たり入ったりした。彼は黒人の手と顔を見つめた。
最初の八時間が過ぎた後、審判を四時間ごとに変えることになったので、審判たちは眠ることができた。
二人の指の爪からは血が滲んでいた。二人は互いの目を見つめ、互いの手と腕を見ていた。賭けている男たちが部屋を出入りし、壁際の高い椅子に座って見守った。
壁は明るい青に塗られた板張りだった。ランプが男達の影を壁に映していた。
黒人の影はひときわ大きい。かすかな風がランプを揺らすと、壁の影も揺れるのだった。
 一晩中、形勢は変わり続けた。観衆は黒人に、ラム酒を飲ませたり煙草の火をつけてやったりした。
黒人はラム酒を飲むたびに、とてつもない力を振り絞った。一度は、黒人が老人を――当時は老人ではなく王者サンチャゴだったのだが――、老人を三インチ近く押し、均衡を崩した。
が、老人は再び全く五分の状態まで押し戻した。
その時彼は、この立派な男を、強靭な肉体を持つ黒人を、打ち倒せると確信した。
夜明け頃、引き分けにすべきだと賭け手たちが言い出し、審判が首を横に振る中で、彼は、ありったけの力を込めて黒人の腕を傾けていき、テーブルにつくまで倒してしまった。
勝負は、日曜の朝に始まり、月曜の朝に終わった。
賭け手の多くが引き分けを要求したのは、これから波止場で砂糖袋を積み込むとか、ハバナ石炭会社で勤めるとかの仕事があったためだ。
それがなければ、最後まで続けることを誰もが望んだだろう。
ともかく彼は、誰も仕事に行かないうちに勝負を終わらせた。
 それから長い間、彼はチャンピオンと呼ばれた。春にはリターンマッチも行われた。
しかし賭け金は少なく、彼はその金をいとも簡単に手にした。シエンフエゴス出身の黒人は、前の試合で自信を打ち砕かれていたからだ。
その後、彼は何度か勝負をして、それきりやめてしまった。
本気になればどんな相手も打ち負かせると分かったし、漁に使う右手に腕相撲をさせるのは良くない。
何度か、試しに左手でやってみたこともあった。
しかし左手はいつも裏切り者で、言うことをきかない。それで彼は、左手を信用しなくなったのだった。
 
Copyright (C) Ernest Miller Hemingway, Kyo Ishinami
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿