HOMEAOZORA BUNKOThe Old Man and the Sea

ホーム青空文庫老人と海

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Old Man and the Sea 31 老人と海


Ernest Miller Hemingway アーネスト・ヘミングウェイ
AOZORA BUNKO 青空文庫
 朝になり、戸口から少年が覗き込んだ時、彼はまだ寝ていた。
今朝は強風で流し釣りの船が漁に出られないので、少年はゆっくり寝て、それからいつものように老人の小屋に来たのだった。
老人が呼吸しているのが分かった。そして老人の手を見て、少年は泣き出した。
音を立てずに小屋から出て、コーヒーを用意しに行った。道を下りながら、少年はずっと泣いていた。
 多くの漁師が船のまわりに集まり、そこに括られた物を見ていた。一人はズボンの裾をまくり上げて水に入り、その骨の全長をロープで測っていた。
 少年は下りて行かなかった。
先に一度来ていたし、船の片付けは漁師の一人がしてくれている。
「様子はどうだ?」漁師の一人が大声で尋ねた。
「寝てるよ」少年も大声で言った。泣いているのを見られても、少年は気にしなかった。「そのまま、寝かせといてあげよう」
「鼻の先から尻尾まで、十八フィートあるぞ」魚を測っていた漁師が大きな声で言った。
「そうだろうね」少年は言った。
 彼はテラスに行き、缶にコーヒーを貰った。
「熱くして、ミルクと砂糖をたくさん入れてよ」
「他には?」
「いや、また後で、何を食べられそうか聞いてみる」
「とんでもない魚だったな」店主が言った。「あんな魚、初めてだ。お前も昨日立派なのを二匹釣ったしな」
「あんなの駄目だ」少年はそう言って、また泣き出した。
「何か飲むか?」店主は尋ねた。
「いい」少年は言った。「みんなに、サンチャゴを邪魔しないように言っといて。また来る」
「気の毒だ。よろしく伝えてくれ」
「ありがとう」少年は言った。
 少年は、コーヒーの入った缶を持って小屋へ行き、老人が起きるまでそばに座っていた。
老人は一度起きそうな様子を見せた。
しかしまた深い眠りへと戻った。少年は通りを渡って、コーヒーを温めるための薪を借りてきた。
 とうとう老人は目を覚ました。
「起き上がらなくていいよ」少年は言って、コーヒーをコップに注いだ。「飲んで」
老人は受け取って飲んだ。
「マノーリン、やられたよ」彼は言った。「奴らに完全にやられた」
「やられてないじゃないか。あの魚に」
「ああ、そうだな。その後だよ」
「ぺドリコが船と道具の片付けをしてるよ。あの頭はどうする?」
「ぺドリコにやろう。刻めば仕掛けに使える」
「槍は?」
「欲しけりゃやる」
「欲しい」少年は言った。「ねえ、色々と計画を考えないといけないよ」
 
Copyright (C) Ernest Miller Hemingway, Kyo Ishinami
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。