HOMEVOA Special EnglishAMERICAN SHORT STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュアメリカ作家短編集

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-10 Balser's Dream(2)


Episode-10 Balser's Dream (Charles Major) パルサーの夢 (チャールズ・メージャー)
AMERICAN SHORT STORIES
下のほうに父親の姿を見て,
父親は荷馬車の上に立ち上がって,激しくつえを振り回し,とびかかってくるおおかみたちを追い払おうとしてたたいているのです.
パルサーは,全速力で丘を駆け下り始めました.
父親が彼を見かけて,彼に引き返せと叫びます.
パルサーは立ち止まりましたが,
どうしていいかわかりません.
ちょうどその時,木が見えましたので,彼はその木のところまで走っていって,よじ登りました.
木の中にいると,彼は安全なような気がしました.
彼は木の中で,月が雲の向こうから現れるのをしばらく待っていました.月が出れば,もっとよく見えると思ったからです.
月が顔を出しました.明るく輝いています.
パルサーは銃を構えて慎重にねらいを定めると,鳴いているおおかみの群れをめがけて発砲しました.
鋭い声が聞こえました.
うなる動物の黒い群れが,たちまち死んだおおかみの上に群がりました.
もし,もう少し殺せたら,おおかみもおなかがふくらむかもしれない,とパルサーは考えました.
そうすれば,お父さんに近寄らなくなるかもしれないぞ.
彼はもう一度銃を構えました.
すると,急に月が雲の後ろに隠れました.
彼は待ってみましたが,雲はますます厚みを増すばかりです.
風は少しおさまりました.
パルサーは座ったまま,月の光が雲の覆いからもれてきて,もっと辺りが明るくなるようにと祈っていました.
突然,木の根元のほうで音がしました.
パルサーは下を見ました.
彼のま下に,大きな黒くまが雪の中に座っているのです.
くまはおおかみたちの鳴き声を聞いてやってきたのです.
パルサーは考えました.「もし,ぼくがこのくまを殺すことができれば,この大きなくまを食べて,おおかみたちは満腹するだろう.
そうすればお父さんも助かるんだ」
彼は銃を下に向け,慎重に構えて発砲しました.
くまは怒りのうなりを上げながら,後ろ向きに倒れました.
しかし,くまはけがをしただけでした.
パルサーは素早く弾を詰め替えます.その時彼の目に,2つの明かりが丘を越えて下りてくるのが見えました.
ライニー・フォックスと彼女の弟のリンピーでした.
リンピーは片手に明るく燃えているたいまつを持ち,もう一方の手に銃を持っていました.
ライニーはたいまつと斧(おの)を持っていました.
バルサーは大声を張り上げました.「引っ返せ!引っ返すんだ!」
2人には彼の声が聞こえません.
パルサーは叫びました.「止まれー!…
この木の下にけがをしたくまがいるんだ…
もどるんだ!」
少年と少女は立ち止まりません.2人は助けにきたことを知らせようとして,明かりを振りました.
パルサーは父親のほうを見ました.
おおかみたちが,木のほうへ向かって走ってくるのが見えます.
おおかみたちに,傷ついたくまが見えたからです.
パルサーはもう一度叫びました.「引っ返すんだ,ライニー,引っ返すんだ!」
彼は木の中で立ち上がりました.
彼は動きたかったのです.叫んだり何かしたいと思ったのです.
彼は今自分がどこにいるか忘れていたために,途端に木から足を踏み外して,傷ついたくまのそばに落ちました.
彼が落ちるのと同時に,ライニーとリンピーが来ましたが,それと同時におおかみたちもやってきました.
くまは立ち上がって,パルサーをつかみました.
ブレント氏も駆けつけました.
十頭ほどのおおかみが,あっという間にブレント氏に飛びかかりました.
リンピーが撃とうとしましたが,おおかみたちはリンピーにも飛びかかりました.
パルサーはすっかり恐ろしくなりました.
彼は力の限り叫びました….
その時,彼は何かに肩をぎゅっとつかまれたような気がしました….
彼の母親だったのです.
「起きなさい,パルサー,
起きるんですよ」彼女は言いました.
「お父さんが帰ってきましたよ」
パルサーは飛び起きました.
彼はとっさになんのことかわかりませんでした.
彼は大声をあげ,笑いながら駆け出して,父親の両腕の中に飛び込みました.
暖炉の上の小さな時計が9時を打ちました.
『パルサーの夢』というアメリカの短編小説をお送りしました.
きょうの物語の原作者はチャールズ・メージャー,語り手はジャック・モイルズでした.
「アメリカの声」では来週もこの時間に,この特別英語による番組をお送りします.
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿