HOMEVOA Special EnglishAMERICAN SHORT STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュアメリカ作家短編集

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-4 The Blanket(1) ブランケット


Episode-4 The Blanket (Floyd Dell) ブランケット(フロイド・デル)
AMERICAN SHORT STORIES
特別英語によるアメリカの短編小説の時間です.
きょうの小説の題名は『ブランケット』です.
これはフロイド・デルの作品です.
この物語はモリス・ジョイスが特別英語でお伝えいたします.
よく晴れた9月の夜のことでした.
淡い三日月が谷の上空に現れました.
しかし,三日月は11歳のピーターの目には入りませんでした.
彼は,涼しい9月のそよ風が台所に吹き込んでいるのも気づきませんでした.少年は,台所のテーブルに置いてある赤と黒のブランケットに,すっかり心を奪われていたのです.
このブランケットは,少年のお父さんがおじいさんにあげた贈り物なのです-お父さんが,家を出ていくおじいさんにお別れの記念にあげたものでした.
みんなはおじいさんが出ていく‥.
そう,「出ていく」という言い方をしていたのです.
ピーターには,お父さんがおじいさんを追い出すなんて,信じられないことでした.
ところが,今目の前にお別れの贈り物があるのです.
その日の朝,お父さんが買ったばかりのものです.
そして,その晩は,少年とおじいさんが一緒に過ごす最後の晩だったのです.
老人と少年は,2人で夕食の皿洗いをしました.
お父さんは出かけていて留守でした.今度結婚することになっている女性と一緒に出かけていたのです.
まだしばらくはもどってきそうにありません.
皿洗いが終わると,老人と少年は外へ出て月の下に座りました.
「ハーモニカを取ってきて聞かせてやろう」老人は言いました.
「古い曲を吹いてみよう」
ところが,おじいさんはハーモニカの代わりに,例のブランケットを持って出てきました.
大きなダブルベッド用のブランケットでした.
「どうだ,いいブランケットだろう」老人は,ひざの上でブランケットをなでながら言いました.
「出ていく時に持っていくように,こんなブランケットを年寄りにくれるなんて,おまえのお父さんは親切な人だよ.
ずいぶん高かったはずだよ.この毛の感触をみてごらん.
この冬の寒い夜には,暖かいだろうよ.
向こうじゃ,こんなブランケットはないだろうな」
こういうことを言うところは,いかにもおじいさんらしい口振りでした.
おじいさんはできるだけみんなを安心させたかったのです.
家を出ていく話が持ち出されて以来,おじいさんは,自分の考えで出ていくんだと言っていました.
考えてもごらんなさい.暖かい家や友だちと別れてあの建物へ行くのです-
ほかの大勢の老人たちと一緒に,何もかもあきらめて暮らさなければならない,あの国立の施設へ行くのです‥‥
でも,ピーターは,今晩お父さんがあの毛布を持って帰ってくるまでは,お父さんがそんなことをさせるはずはないと思っていたのです.
「うん,りっぱなブランケットだね」ピーターはこう言うと,立ち上がって家の中へ入っていきました.
彼は声を張り上げて泣くような少年ではありませんでした.それに,もうそんなに幼くはなかったのです.
彼は,おじいさんのハーモニカを取りに入っただけなのです.
老人がハーモニカを手にしようとした時,ブランケットが床の上に落ちました.
2人で過ごす最後の晩です.
老人も少年も無言のうちに心が通じていました.
おじいさんは,2,3曲吹いてから言いました.「いいかい,この曲をよく覚えておくんだよ」
三日月は頭上高くかかっていて,そよ風が静かに谷を吹き渡っていました.
もう,これっきりだなあ,とピーターは思いました.
もう二度と,おじいさんのハーモニカを聞くこともないだろうなあ.
お父さんが,ここから遠く離れたところにある新しい家に引っ越してくれるのはありがたいことだ.
彼はおじいさんがいなくなったあと,晴れた晩に外へ出て,白々とした月の下でここに座っている気にはなれなかったのです.
音楽が終わってからも,しばらくの間,2人は何も言わずに座っていました.
それから,おじいさんが口を開きました.
「今度のはもっと楽しい曲だよ」
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。