HOMEVOA Special EnglishWORDS and THEIR STORIES

ホームVOAスペシャルイングリッシュことばの由来

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

Episode-26 Side


Episode-26 Side
WORDS AND THEIR STORIES
ことばの由来-特別英語番組。
アメリカ英語には、ちいさなことばでも大きな役割を果たすものが多くある。
例えば、"side"ということばは、数えきれないほど多くの役をする。
時として新しいことばを覚えるためには、それを物語として聞いた方がやさしいようである。
きょうの話は7時に始まる。アメリカのどこにでもある話である。
7時が鳴ると、アメリカ人は仕事に行くためにベッドからとび出す。
きげんの悪い人が多い。
遅くとこについたので睡眠不足なのだ。
疲れており、落ち着かない。
急いで、急いで、ひげをそり、シャワーを浴び、歯をみがき、食事をし、そしてまた電車なりバスへと急ぐ。
サイド・テーブルの時計に起こされたのでは、いらいらして怒りっぽくなるのも無理はない。
夢はとても楽しかった。だから、急いでいてはきげんが悪く、楽しい気分になれない。
朝食はもう用意ができているらしい。入れたてのコーヒーがいい香りだ。
新聞の見出し「電車、乗用車に接触。負傷者2名」を見ながら妻を横目でちらっと見やるかもしれない。
だがそれから、帽子と上着をつかんで、歩道を行き、待っている電車へ向かう。
そこで何人かの古くからの友人に会う。親友である。これでいくらかこの朝もましになったようだ。
古い親友であるチャーリーは役人である。しかし彼は副業を持っている。
夜、くつを売っているのだ。
長いもみ上げがあるジムは、質問に対してはっきりした答を出さない。
どんな論争をも避ける。まるでいつも人とうまくやっていきたいとでもいうようだ。
それからビルだ。
彼はちょっとひょうきん者で、いつも、すかさずジョークをとばしたり、腹の皮をよじらせるような話をする。
時にはその話も間が悪く、おかしく笑えないことがある。
ヘンリーは、おとなしい男で人生に対してまじめである。
たぶんそれは、彼が成功するまでに苦労したからだろう。
というのは、ヘンリーは貧しい家の出である。
彼は貧しい階層に生まれた。
毎日仕事に向かう電車に乗ると、彼が昔住んでいた町の東側にある壊れた家々が見える。
我々は皆、よい仕事を持っており、法律も守って来た。
しかし毎朝電車の中では、なぜか政治の話になってしまい、
意見が分かれる。
ビルとチャーリーは共和党支持であり、
ジムと私は民主党である。
時には、あまりにも大きな声で議論をするため、他の乗客が私たちを横目で見る。まるで私たちが幕間つなぎの芸をやっている道化師であるかのようにである。
だが電車が町の北側につくと我々は別れる。
再び道を急いで歩く。足の遅い人をよけ、会社へ着くと、ばかげた振舞いをやめて、落ち着いてまじめに仕事をする。
 
Reproduced by the courtesy of the Voice of America
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿