HOMEAOZORA BUNKOSOSEKI NATSUME

ホーム青空文庫夏目漱石

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

坊っちゃん 二 Botchan Chapter II (1)

夏目漱石 Soseki Natsume

青空文庫 AOZORA BUNKO
 ぶうと云《い》って汽船がとまると、艀《はしけ》が岸を離《はな》れて、漕《こ》ぎ寄せて来た。
船頭は真《ま》っ裸《ぱだか》に赤ふんどしをしめている。
野蛮《やばん》な所だ。もっともこの熱さでは着物はきられまい。
日が強いので水がやに光る。見つめていても眼《め》がくらむ。
事務員に聞いてみるとおれはここへ降りるのだそうだ。
見るところでは大森《おおもり》ぐらいな漁村だ。
人を馬鹿《ばか》にしていらあ、こんな所に我慢《がまん》が出来るものかと思ったが仕方がない。
威勢《いせい》よく一番に飛び込んだ。続《つ》づいて五六人は乗ったろう。
外に大きな箱《はこ》を四つばかり積み込んで赤ふんは岸へ漕ぎ戻《もど》して来た。
陸《おか》へ着いた時も、いの一番に飛び上がって、いきなり、磯《いそ》に立っていた鼻たれ小僧《こぞう》をつらまえて中学校はどこだと聞いた。
小僧はぼんやりして、知らんがの、と云った。
気の利かぬ田舎《いなか》ものだ。猫《ねこ》の額ほどな町内の癖《くせ》に、中学校のありかも知らぬ奴《やつ》があるものか。
ところへ妙《みょう》な筒《つつ》っぽうを着た男がきて、こっちへ来いと云うから、
尾《つ》いて行ったら、港屋とか云う宿屋へ連れて来た。
やな女が声を揃《そろ》えてお上がりなさいと云うので、
上がるのがいやになった。門口へ立ったなり中学校を教えろと云ったら、
中学校はこれから汽車で二里ばかり行かなくっちゃいけないと聞いて、なお上がるのがいやになった。
おれは、筒っぽうを着た男から、おれの革鞄《かばん》を二つ引きたくって、のそのそあるき出した。
宿屋のものは変な顔をしていた。
 停車場はすぐ知れた。切符《きっぷ》も訳なく買った。
乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。
ごろごろと五分ばかり動いたと思ったら、もう降りなければならない。
道理で切符が安いと思った。たった三銭である。
それから車を傭《やと》って、中学校へ来たら、もう放課後で誰《だれ》も居ない。
宿直はちょっと用達《ようたし》に出たと小使《こづかい》が教えた。随分《ずいぶん》気楽な宿直がいるものだ。
校長でも尋《たず》ねようかと思ったが、草臥《くたび》れたから、車に乗って宿屋へ連れて行けと車夫に云い付けた。
車夫は威勢よく山城屋《やましろや》と云ううちへ横付けにした。
山城屋とは質屋の勘太郎《かんたろう》の屋号と同じだからちょっと面白く思った。
 何だか二階の楷子段《はしごだん》の下の暗い部屋へ案内した。
熱くって居られやしない。
こんな部屋はいやだと云ったらあいにくみんな塞《ふさ》がっておりますからと云いながら革鞄を抛《ほう》り出したまま出て行った。
仕方がないから部屋の中へはいって汗《あせ》をかいて我慢《がまん》していた。
やがて湯に入れと云うから、ざぶりと飛び込んで、すぐ上がった。帰りがけに覗《のぞ》いてみると涼《すず》しそうな部屋がたくさん空いている。
失敬な奴だ。嘘《うそ》をつきゃあがった。
それから下女が膳《ぜん》を持って来た。
部屋は熱《あ》つかったが、飯は下宿のよりも大分旨《うま》かった。
給仕をしながら下女がどちらからおいでになりましたと聞くから、東京から来たと答えた。
すると東京はよい所でございましょうと云ったから当《あた》り前だと答えてやった。
膳を下げた下女が台所へいった時分、大きな笑い声が聞《きこ》えた。
くだらないから、すぐ寝《ね》たが、なかなか寝られない。
熱いばかりではない。騒々《そうぞう》しい。下宿の五倍ぐらいやかましい。
うとうとしたら清《きよ》の夢《ゆめ》を見た。
清が越後《えちご》の笹飴《ささあめ》を笹ぐるみ、むしゃむしゃ食っている。
笹は毒だからよしたらよかろうと云うと、いえこの笹がお薬でございますと云《い》って旨そうに食っている。
おれがあきれ返って大きな口を開いてハハハハと笑ったら眼が覚めた。
 
Copyright (C) Soseki Natsume, Yasotaro Morri, J. R. KENNEDY
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。