HOMEAOZORA BUNKOThe Great Gatsby

ホーム青空文庫華麗なるギャツビー

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Great Gatsby 華麗なるギャツビー

Chapter2-3

Francis Scott Fitzgerald F・スコット・フィッツジェラルド
AOZORA BUNKO 青空文庫
 ミスター・マッキーは下の部屋に住む顔色の悪い優男《やさおとこ》だった。
ついさっき髭を剃ったばかりらしく、頬骨《ほおぼね》に白い石鹸《せっけん》の跡が一点しみついていた。たいそう礼儀正しく室内の全員に挨拶した。
ぼくには「芸術関係の仕事」をしていると自己紹介した。後からいろいろ考えあわせてみるとかれは写真家で、壁に亡霊《ぼうれい》みたいに浮かんでいるミセス・ウィルソンの母親のぼやけた拡大写真を作ったのはかれなのだと気づいた。
かれの妻は、甲高《かんだか》い声でしゃべり、けだるそうな態度の、顔立ちは端正《たんせい》だったけれど、ひどく嫌な感じのする女だった。
彼女は、夫が結婚以来百二十七回自分を撮り下ろしたとぼくに自慢した。
 ミセス・ウィルソンはいつのまにか服を変えていて、いまはクリーム色の絹を念入りに織り上げたアフターヌーン・ドレスをまとい、部屋の中を歩くたびに衣擦《きぬず》れの音をたてていた。
ドレスの影響もあるのだろう、人格もまた変化の波をかぶっていた。あの激しいバイタリティはガレージではすぐそれと分かるほどだったのに、それが印象的な尊大さに作り変えられていた。
その笑い方、その身振り、その言葉。すべてが時を追うにつれ乱暴になり、彼女が膨らんでいくにつれ、まわりの部屋は縮み上がり、やがて場のけむたい空気全体が彼女を中心に回っているように思えてきた。
「ねえキャサリン」と取り澄ました裏声で言う。「ああいうやつらって、たいていあんたをだまそうとしてるのよ。
連中の頭の中には金のことしかないんだから。
先週、足を診てもらおうと女をひとり呼んだんだけど、よこしてきた請求書ときたら、見せたかったな、盲腸でも切ったのかと思うくらいなんだから」
「その女、なんていう名前?」とミセス・マッキー。
「ミセス・エバハート。足を診に、頼まれれば家まで出かけていくひと」
「それ、いいドレスね」とミセス・マッキーが言った。「ほれぼれするくらい」
 ミセス・ウィルソンは軽蔑したように眉を吊りあげてその賛辞《さんじ》をはねのけた。
「ぜんぜんだめよ、こんなの。どう見えてもいいやってときだけ、これを引っかけるようにしてる」
「でもあんたが着ればぜんぜん違うみたい。つまりそういうこと」さらに追い討ちをかける。
「もしチェスターにそのポーズを撮ってもらえば、ちょっとしたものができると思うんだ」
 ぼくらは黙ってミセス・ウィルソンに注目した。彼女は目にかぶさっていた髪をかきあげると、きらきらした目でぼくらを見返した。
ミスター・マッキーは片側から覗きこむようにして熱心に構図を見積もり、やがて手を自分の顔の前にかざし、ゆっくりと前後させた。
「光線を変えたほうがよさそうだ」と、しばらくしてから言う。
「顔立ちのモデリングをはっきり出したいから。
それから、後ろの黒い髪もぜんぶ捉えたいな」
「光線なんて変えなくていいじゃない」とミセス・マッキーが言った。「だからつまり――」
 夫が「しっ」とさえぎった。ぼくらはふたたび題材を見つめたが、するとすぐトム・ブキャナンがあくびをしながら立ちあがった。
「マッキーたちも何か飲めよ。
マートル、氷とミネラルウォーターをもうすこし持ってきてくれ、みんなが眠っちまうまえに」
「氷はさっきのボーイに言っといたんだけど」
とマートルは注文が無視されていることに失望して眉を吊りあげた。
「あの連中! ずっとうしろから監視してないとなんにもしないんだから」
 そう言ってぼくを見、意味もなく笑い出した。
それから犬のところに飛んでいくと、うっとりしたようすでキスし、何十人ものシェフが彼女の指示を待っているのだと思わせるような勢いでキッチンに駆けこんだ。
「ロング・アイランドはいい仕事のできる環境ですね」とミスター・マッキー。
 トムは要領を得ないままかれの顔を見た。
「下にふたつ、そういうやつを飾ってあります」
「ふたつの、何を?」とトムが問う。
「習作をふたつ。ひとつは『モンターク岬――カモメ』といいまして、もうひとつは『モンターク岬――海』と呼んでいます」
 長椅子に座っていたぼくの横に、キャサリンが腰を下ろした。
「あなたもロング・アイランドに住んでるの?」
「ウェスト・エッグにね」
「ほんと? 一ヶ月くらい前、そこのパーティーに行ったことある。ギャツビーってお名前のひとのところ。かれのこと、ご存知?」
「その人の隣に住んでるんだ、ぼくは」
「そう。みんなね、あのひとのことをウィルヘルム皇帝の甥か従弟かって言うのよ。
そこからお金が出てるんだって」
「ほんとに?」
 彼女はうなずいた。
「わたし、あのひとが恐くて。あんまりあのひとの目にとまりたくないな」
 ぼくは隣人に関するこの新情報にすごく興味があったけれど、ミセス・マッキーが不意にキャサリンを指差してこの話の腰を折った。「チェスター、あのひとでならちょっとしたものが作れそうじゃない?」とわめくように言った妻に、ミスター・マッキーはただうんざりしたようにうなずいてみせただけで、トムと話をつづけた。
「ロング・アイランドでもっと仕事したいんですよ。うまく入りこめさえすれば。
つまり欲しいのはきっかけ、それだけなんです」
「マートルに頼めよ」とトムはトレイを持って入ってきたミセス・ウィルソンに向かって笑いかけた。
「あれが紹介状を書いてくれる。やってくれるよな、マートル?」
「何をするって?」と彼女はとつぜんのことにたずねかえした。
 
Copyright (C) Francis Scott Fitzgerald, Kareha
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。