HOMEAOZORA BUNKOThe Old Man and the Sea

ホーム青空文庫老人と海

※本文をクリック(タップ)するとその文章の音声を聴くことができます。
  右上スイッチを「連続」にすると、その部分から終わりまで続けて聴くことができます。
で日本語訳を表示します。
※ "PlayBackRate" で再生速度を調節できます。

The Old Man and the Sea 12 老人と海


Ernest Miller Hemingway アーネスト・ヘミングウェイ
AOZORA BUNKO 青空文庫
日の出前のこの時間は冷える。彼は船板に体を押し付けて寒さをしのいだ。
奴がやる限りは、俺もやってやる。彼はそう考えた。
明け方の薄明かりの中で、ロープはまっすぐ水中へと走っている。
船は着実に移動を続ける。やがて太陽のふちが水平線から現れ、老人の右肩を照らした。
「北に向かってる」老人は言った。
しかし潮の流れは、俺たちをずっと東まで運ぶだろうな。奴が流れに押されて向きを変えてくれるようだといいんだが。彼はそう考えた。
そうなれば、魚が疲れていることが分かる。
 太陽がさらに昇り、老人は、魚は疲れてなどいないと知った。
一つだけ、好ましい徴候があった。
魚の泳ぐ水深がやや浅くなっていることを、ロープの角度が示していたのだ。
だからと言って必ず跳ね上がるとは限らない。が、跳ね上がるかもしれない。
「どうか、跳ねてくれ」老人は言った。「奴を扱えるだけのロープは用意してある」
 おそらく、俺がほんの少しロープの張りを強めるだけで、奴は痛がって跳ね上がるだろう。彼は考えた。
もう夜は明けたんだ、奴を跳ねさせてやろう。そうして奴の背骨近くの浮き袋が空気で膨れてしまえば、もう深く潜って死ぬことはできなくなる。
 彼は張りを強めようとしたが、ロープは既に、ちぎれる寸前まで張り切っていた。あの魚が掛かってからずっとそうだったのだ。後ろへ体を傾けて引くと荒々しい手応えがあり、これ以上引っ張ることはできそうもない。
引いちゃいかん、と彼は思った。
もし引けば、奴の傷が広がって、跳ね上がった時に鉤を振り落とされかねない。
ともかく、日が昇ってから俺の調子も良くなった。それに、もう太陽を直視しなくて済む。
 ロープには黄色い海藻がまとわりついていた。魚にとっては重りが増えるだけだから、老人はむしろ喜んだ。
この黄色いホンダワラが、昨晩あれほど燐光を放っていたのだ。
「魚よ」彼は言った。「お前を愛してるし、心から尊敬してもいる。だが、俺はお前を必ず殺す。今日のうちにな」
 そうなって欲しいものだ、と彼は思った。
 小さな鳥が、船に向かって北のほうから飛んできた。鳴鳥の一種で、海上をかなり低く飛んでいる。
老人には、鳥がずいぶん疲れていることが分かった。
 小鳥は船尾のほうに来て、そこにとまった。
それから老人の頭のまわりを飛び、今度はもっと居心地の良さそうな、ロープの上にとまった。
「何歳だい?」老人は鳥に尋ねた。「旅は初めてか?」
 喋る老人を、鳥は見つめていた。
疲れ果てて足場をあらためる余裕もない鳥は、華奢な足でしっかりロープを握って、その上で揺られている。
「その綱は丈夫だ」老人は鳥に言った。「かなり丈夫だぞ。昨晩は風も無かったのに、そんなに疲れていたらいかんな。この先どうするつもりだ?」
 彼は、小鳥たちを狙って海にまで来る鷹のことを考えた。
しかし何も言わなかった。言っても鳥には理解できないし、言わなくてもすぐに分かることだ。
「小鳥よ、しっかり休んで行けよ」彼は言った。「それから陸のほうへ飛ぶんだ。後は運任せさ、人間も鳥も魚も同じだろう?」
 会話は老人を元気づけた。彼の背中は夜のうちに硬くなって、いまやひどく痛んでいた。
「よかったら、家に泊まるといい」彼は言った。「しかし残念だが、帆を上げて陸まで連れてってやるというわけにはいかん。ちょうど風も出てきたところだがな。いかんせん、俺には連れがいるんだ」
 その時、魚が突然ふらついて、老人は舳先に引き倒された。ふんばってロープを送り出したからよかったものの、そうしなければ水の中に引きずり込まれていただろう。
 ロープが引っ張られたので小鳥は飛び立った。小鳥が去るのを見ている余裕は老人には無かった。
彼は右手で慎重にロープを握り、自分の手から血が流れていることに気付いた。
「奴は、どこか痛かったんだろうな」彼は声に出して言った。そして、魚の向きを変えられないかとロープを引っ張ってみた。
しかし、切れる寸前まで引くと、そこで張りを安定させ、後ろに体重をかけてロープを支えた。
「魚よ、そろそろこたえてきただろう」彼は言った。「本当のところ、俺も同じだ」
 彼はあたりを見回して鳥を探した。仲間が欲しかったからだ。鳥はもういなかった。
 
Copyright (C) Ernest Miller Hemingway, Kyo Ishinami
最近の投稿
QRコード
スマホでも同じレイアウトで読むことができます。
最近の投稿